『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(2)

  • 2018.05.24 Thursday
  • 19:55

 

      ローゼンクランツと

    ギルデンスターンは死んだ

        National Theatre Live

 

       5.公演情報

 

         キャスト

 

      ダニエル・ラドクリフ

        (ギルデンスターン)

      

 

長い間ハリー・ポッターだったダニエル・ラドクリフは今、俳優として様々な新たな挑戦に挑んでいる。『エクウス』(Equus, 07)では馬の目をくり抜いて精神病院に入院させられた主人公の青年を熱演。ミュージカル・コメディ『努力しないで出世する方法』(How to Succeed in Business Without Really Trying, 11)にも出演し、ダンスと歌も披露。映画『スイス・アーミー・マン』(Swiss Army Man, 16)では何と無人島に流れ着いた腐りかけの死体の役に挑戦。遭難した主人公の青年を助け、友情を育んでいくという特異な役を怪演した。他にはボリビアのジャングルの奥地で遭難した青年を演じた『ジャングル 〜ギンズバーグ19日間の軌跡』(17, Jungle)もある。舞台でハムレットを演じるのも、そう先のことではないだろう。

 

     ジョシュア・マグワイア

      (ギルデンスターン)

      

 

ジョシュア・マグワイアは主人公の友人の役でコミカルな演技を見せることが多い。『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(About Time, 13)では主人公ティム(ドーナル・グリーソン)の友人で、恋には縁遠そうなひょうきんな青年をコミカルに演じていた。現在Netflixで配信中のイギリスのテレビ・ドラマ『恋愛後遺症』(Lovesick, 18)でも、ラブ・コメディの道化的存在の役を演じている。しかしロンドンのグローブ座の舞台ではハムレットをすでに演じたことがあり、『ターナー、光に愛を求めて』(Mr. Turner, 14)では画家のジョン・ラスキンを演じるなど、意外と演技の幅は広いようだ。今後のさらなる活躍が期待される。

 

     デヴィッド・ヘイグ (旅芸人)

      

     

1955年生まれ。主に80年代よりイギリスのテレビや舞台に登場。『われらが祖国のために』(88)ではローレンス・オリヴィエ賞男優賞を受賞。その後も『メリー・ポピンズ』(ミスター・バンクス役)、『ジョージ三世の狂気』(ジョージ三世役)などの作品でオリヴィエ賞に4回ノミネートされている。

 

 Cast

 Daniel Radcliffe (Rosencrantz)

 Joshua McGuire (Guildenstern)

 David Haig (The Player)

 Luke Mullins (Hamlet)

 Helena Wilson (Ophelia)

 Wil Johnson (Claudius)

 Marianne Oldham (Gertrude)

 William Chubb (Polonius)

 Theo Ogundipe (Horatio)

 Hermeilio Miguel Aquino (Courtier)

 Matthew Durkan (Alfred)

 Louisa Beadel (Player)

 Josie Dunn (Player)

 Tim van Eyken (Player)

 Evlyne Oyedokun (Player)

 Alex Sawyer (Player)

 


 

    演出家  デヴィッド・ルヴォー

         (David Leveaux)

      

 

1957年にイギリスのレスターに生まれる。マンチェスター大学卒業後、リバーサイド・スタジオで演劇活動を始め、ユージン・オニール作『日陰者に照る月』が高く評価され、20代半ばの新進演出家として注目を集める。その後 ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーでアソシエイト・ディレクターとして『あわれ彼女は娼婦』『ロミオとジュリエット』などを演出。2003年にはミュージカル『ナイン』でトニー賞の最優秀演出家賞を受賞。トム・ストッパード作品では他に『リアル・シング』(2000)、『ジャンパーズ』(2004)、『アルカディア』(2011)を演出している。

 

優の肉体から最大限の表現力を引き出し、作品の解釈と巧みにリンクさせていくのがルヴォーの演出。日本でも門井均プロデュースによるシアター・プロジェクト・東京(tpt)の芸術監督として『テレーズ・ラカン』(1993, 読売演劇大賞受賞/再演1998)をはじめ、ベニサンピット(倉庫を改装した小劇場)で次々と刺激的な舞台を発表。数多くの俳優が彼の舞台に立ち、演技の視野を広げて実力をつけていった。当時の出演者には佐藤オリエ(『海の夫人』『ヘッダ・ガブラー』ほか最多主演)、堤真一(『チェンジリング』など)、若村麻由美(『テレーズ・ラカン』再演)などがいる。tpt以外では、宮沢りえがノラを見事に演じた『人形の家』(2008, シアターコクーン)が最も優れた舞台成果と言えるだろう。

 

  Creative

 Directed by David Leveaux

 Set design: Anna Fleischle

 Costumes: Flesichle and Lauren Elstein

 Lighting: Howard Harrison

 Sound: Fergus O’Hare

 Music: Corin Buckeridge

 

 

 On-stage trailer (舞台映像版予告編)

 


 The Questions Game

(劇中のような質問ゲーム:

 話を質問形式でしないと負け)

 


 

 

       6.映画化

 

     『ローゼンクランツと

    ギルデンスターンは死んだ』

   Rosencrantz & Guildenstern Are Dead

 

    

 

 1990年イギリス映画

 監督・脚色:トム・ストッパード

【出演】

 ゲイリー・オールドマン(ローゼンクランツ

 ティム・ロス(ギルデンスターン)

 リチャード・ドレイファス(座長)

 イエイン・グレン(ハムレット)

 ジョアンナ・ロス(オフィーリア)

 ドナルド・サンプター(クローディアス)

 ジョアンナ・マイルズ(ガートルード)

 イアン・リチャードソン(ポローニアス)

 ジョン・バージェス(イギリスからの使節)

 撮影:ピーター・ビジウ 

 音楽:スタンリー・マイヤーズ

 受賞:ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞

 

  

  [左] ローゼンクランツ(ゲイリー・オールドマン)

  [右] ギルデンスターン(ティム・ロス)

 

【解説】

 まず配役が面白い。若き日の二人の演技の幅の広さがうまく機能してローゼンクランツとギルデンスターンのコントラストが生まれているのだ。トム・ストッパードは当初、イライラしていて、やや押しの強いギルデンスターン役としてゲイリー・オールドマンを考えていたという。なるほどオールドマンと言えば、この映画の後にジャン・レノ(『レオン』)、ハリソン・フォード(『エア・フォースワン』)、ブルース・ウィルス(『フィフス・エレメント』)など名立たるスターを相手に、狡猾な悪役として見事な演技を披露していく事になる俳優だからだ。どちらかと言うと、飄々としたところがあるローゼンクランツでいいんだろうかと思うかもしれないが、実はローゼンクランツの方をやらせてくれと頼んだのはオールドマン本人だったという。

 

素朴な性格のピアニストを演じた『海の上のピアニスト』を思い出すと、むしろティム・ロスの方がローゼンクランツ向きなのてはと思ってしまうが、『レザボア・ドッグス』『ヘイトフル・エイト』などタランティーノ監督の作品にも数回出演し、ウディ・アレン監督も『世界中がアイ・ラブ・ユー』で出所したばかりのクールな強盗役として起用しているほどである。

 

そして座長役のリチャード・ドレイファスはニール・サイモン脚本の『グッバイ・ガール』でアカデミー賞主演男優賞を受賞しているが、この時の役が売れない役者の役。ただし妙な演出家の解釈には納得せず、憤慨するようなところは、ひたすら演劇論を語り続ける座長役にハマっている。だがドレイファスは論理的で現実的な味わいが強い俳優なので、どこからともなく現れる神秘的な一座の座長としては物足りない部分もある。1970年頃に映画化の話が持ち上がった時にはショーン・コネリーが演じる予定だったという。

 

  

      リチャード・ドレイファス(座長)

 

劇冒頭のコインの場面は、映画では宮廷へ向かう二人が馬に乗って表を繰り返し出している。空中に投げられたコインはスローモーションでも映し出され、岩だらけの山道で繰り返し投げているうちに、その一つは岩場の下へ落ちていってしまう。他にも旅の途中で、伝令が訪れた時の「ローゼンクランツとギルデンスターン!」と叫ぶ声が突然響くなど、映画らしいイメージ・カットの挿入が映画では作品に不安な空気をもたらしている。デンマークの宮廷はユーゴスラヴィアのザグレブ郊外にある二つの城でロケされており、映画は迷宮のような本物の城でさまよう二人を城の様々な場所でカメラに収めている。この点に関してストッパードは次のように語っている。

 

「芝居では二人の主人公は駅のように動かず、そこをハムレットたちが通りすぎていくのだが、映画はその反対で、ローゼンクランツとギルデンスターンがエルシノア中を走り回る。エルシノアが巨大な駅で、彼らが列車になっていろいろと捜し回っているわけだ。そしていつもまずいところに入り込み、タイミングの悪い場所に出くわしてしまうのだ。」

 

 

     馬でデンマーク宮廷に向う二人

 

  

     ハムレットにもてあそばれる二人

 

  

   部屋の裏手から役者たちの稽古を見る二人

 

    

   [] ギルデンスターン(ティム・ロス)

   [] ローゼンクランツ(ゲイリー・オールドマン)

 


 

 

日本のローゼンクランツとギルデンスターン

 

 (1)  笈田勝弘(ローゼンクランツ)

     日下武史(ギルデンスターン)

     田中明夫(座長)

     1969年:劇団四季

    (翻訳:倉橋健/演出:水田晴康)

 

 (2)  矢崎滋(ローゼンクランツ)

    角野卓造(ギルデンスターン)

    1985年:パルコ

    (翻訳:松岡和子/演出:出口典雄)

    劇場:SPACE PART3

 

    

 

 (3)   古田新太(ローゼンクランツ)

   生瀬勝久(ギルデンスターン)

   納谷五郎(座長)

      1994年/メジャーリーグ

     (演出:鵜山仁/翻訳:松岡和子)

   劇場:博品館劇場

   (2000年再演:シアターコクーン)

   再演:1997年(座長:すまけい)

      2000年(座長:加納幸和)

 

    

 

 (4)   石橋徹郎(ローゼンクランツ)

   浅野雅博(ギルデンスターン)

   パペット(座長)

   2015年/「ロズギル」上演委員会

   (演出:鵜山仁/翻訳:平川大作)

   劇場:下北沢OFF・OFFシアター

 

   

   * 小劇場での1か月のロングラン公演。

    完全な二人芝居で他は人形と映像で表現。

    まさに虚構に飲み込まれていくロズとギル。

 

 演出家・鵜山仁のことば(劇場配布資料より)

 この人生、終着駅は「死」と定まっている。だから問題はつまり、決まった人生をどう生きるか。定まった運命にどう抗らうかが、昔ながらの有名ヒーローの役割だとするなら、不条理劇の無名ヒーロー達は、むしろ運命をどう出し抜くか、どうごますかに心をくだいているように思える。例えて言えば、同じ病気にかかっていても治療方針が違うようなものだ。積極果敢、外科手術に打って出るか、或いは何もしないか、これはそもそも人生観の違いか、演劇観の違いか…

 

 (5)   生田斗真(ローゼンクランツ)

   菅田将暉(ギルデンスターン)

   半海一晃(座長)

   林遣都(ハムレット)

   小野武彦(クローディアス)

   立石涼子(ガートルード)

   松澤一之(ポローニアス)

   安西慎太郎(オフィーリア/ポローニアス)

   2017年/シス・カンパニー

   (翻訳・演出:小川絵梨子)

   劇場:世田谷パブリックシアター

 

  

 

 生田斗真(ロズ)のボケと菅田将暉(ギル)のツッコミの演技が絶妙な味わいと笑いを引き出し、この作品が不条理劇である前に喜劇であることを証明していた舞台。劇場パンフレットのインタビューでは、菅田が自分の人生に運命のようなものをしみじみと感じているのに対して、生田は「何かのせいにするってことはないなぁ。っていうか、すぐわすれちゃうんだよね。」と話しているので、案外、素のキャラもロズ・ギルの二人かも。「人一倍“死”を恐れているギルは最後まで生きることを諦めないんです。まだ“見てろよ”って思ってる」というのは菅田将暉の弁。

 

<2017年オンライン映画演劇大学・英米演劇大賞>

 最優秀イギリス演劇賞・優秀主演男優賞

 (生田・菅田)・優秀助演男優賞(半海)受賞

 


 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

contents

  

    演劇学部推薦公演(2018年秋期)

   

  

    映画学部推薦作品(2018年秋期)

   

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と

演劇を幅広く紹介、解説、研究する

オンライン上の教育・文化活動です。

文部科学省の認可は受け ていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  



  

  <2〜3月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

 

New

・ オンライン映画演劇大学

     シネマグランプリ2018 が

     決定しました。

    (受賞作・受賞者の発表)

             (19/2/14)

New

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

             (19/2/6)

New

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

             (19/2/4)

New

・ 2019年英米演劇上演予定

              (19/2/3)

New

・ 2019年洋画公開予定

   (映画賞受賞・候補作品)

             (19/2/2)

New

・ 今月の推薦作品

     (2019年2月-3月)

     を更新しました。(19/2/1)

 

New

・ National Theatre Liveの

   2019年ラインナップ

   発表されました。(19/1/20)

  

・ 講座「映画の中の

     シェイクスピア」の第6回

   国王のための名せりふ

   『英国王のスピーチ』 を

   掲載しました。(18/12/31)

 


  

 

 

 〜優秀賞の発表と選評〜

  


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

<過去の主要記事・講座>

  

     【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

・ 講座概要・予定

・ 第1回  シェイクスピアって

                 ヤバくない?

・ 第2回  恋人たちの

                 シェイクスピア

・ 第3回  軍隊で

            シェイクスピア?

・ 第4回  アクション・スター

            がハムレット

・ 第5回  俳優たちの

                 『ハムレット』

・ 第6回  国王のための

                 名せりふ

  




  

     【アメリカ演劇学科】

  

・  『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

・  アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

・ 講座概要

・ 作品リスト

・ 映画リスト

・ 第1回入門編

・ 第2回 『カム・ブロー・

              ユア・ホーン』

・ 第3回 『はだしで散歩』

・ 第4回 『おかしな二人』

・ 第5回

    『スウィート・チャリティ』

 原作: 映画『カビリアの夜』

          初演(1966年)

映画『スウィート・チャリティ』

                   *

・ 第6回 映画 『紳士泥棒

          大ゴールデン作戦』

・ 第7回 『星条旗娘』

・ 第8回 『プラザ・スイート』

・ 第9回 『浮気の終着駅』

・ 第10回 『ジンジャー

               ブレッド・レディ』

  




  

     【イギリス演劇学科】

  

・  ワイルド流喜劇のレシピ

      オスカー・ワイルド

      『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る

         『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・    『ローゼンクランツと

ギルデンスターンは死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

    『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映画学部・映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

   『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

     (2019年2-3月)

  

・ 春休み推薦作品

   『ヘンリー五世』

   『ヴァージニア・ウルフ

       なんかこわくない』

   『SWEAT スウェット』

  

 映画学部推薦作品 (新作)

   

 (2017年洋画ベストテン)

  1.  ラ・ラ・ランド

      作品情報

      公式サイト

  2.  立ち去った女

      解説ページ

      公式サイト

  3.  エンドレス・ポエトリー

      公式サイト

  4.  ハクソー・リッジ

      公式サイト

  5.  ドリーム

      解説ページ

      公式サイト

  6.  新感染ファイナル・

       エクスプレス

      公式サイト

  7.  女神の見えざる手

      公式サイト

  8.  LION

       25年目のただいま

      公式サイト

  9.  おとなの事情

      公式サイト

10.  ぼくと魔法の言葉たち

      公式サイト

  


  

 (2017年公開日本映画より)

 『幼な子われらに生まれ』

     公式サイト

 『彼女がその名を

      知らない鳥たち』

     公式サイト

 『彼らが本気で

      編むときは、』

     公式サイト

   




  

 (2018年1月推薦作品)

 『クィーン  旅立つわたしの

     ハネムーン』

   1/6〜  公式サイト

 『パディントン2』

   1/19〜  公式サイト

   


  

 (2018年2月推薦作品)

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『グレイテスト・ショーマン』

   2/16〜  公式サイト

   


  

 (2018年3月推薦作品)

 『シェイプ・オブ・

    ウォーター』

   3/1〜  公式サイト

 『しあわせの絵の具』

   3/3〜  公式サイト

  


   

 (2018年4月推薦作品)

 『ダンガル

    きっと、つよくなる』

   4/6〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

  


  

 (2018年5月推薦作品)

 『君の名前で僕を呼んで』

   4/27〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

  


  

 (2018年6月推薦作品)

 『万引き家族』

   6/8〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

  


  

 (2018年7月推薦作品)

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

 『カメラを止めるな!』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 (2018年8月推薦作品)

 『マンマ・ミーア!

     ヒア・ウィ・ゴー』

   8/24〜  公式サイト

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

  


  

 (2018年9月推薦作品)

 『寝ても覚めても』

   9/1〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

  


  

 (2018年10月推薦作品)

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『日日是好日』

   10/13〜  公式サイト

  


  

 (2018年11月推薦作品)

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

  


  

 (2018年12月推薦作品)

 『パッドマン

   5億人の女性を救った男』

   12/7〜  公式サイト

 『アリー/ スター誕生』

   12/21〜  公式サイト

  


  

 (2019年1月推薦作品)

 『それだけが、僕の世界』

   12/28〜  公式サイト

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

selected entries

categories

archives

recommend

雨に唄えば [DVD]
雨に唄えば [DVD] (JUGEMレビュー »)

A fabulous musical romance about film technology (IMDB, User Review)/A silent film production company and cast make a difficult transition to sound. (IMDb, Plot)

recommend

メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD]
メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

Disney's Live/Animated Masterpiece Shines More Brightly than Ever! (Ben Burgraff, IMDb Review)/In turn of the century London, a magical nanny employs music and adventure to help two neglected children become closer to their father. (IMDb Plot)

recommend

サウンド・オブ・ミュージック (字幕版)
サウンド・オブ・ミュージック (字幕版) (JUGEMレビュー »)

Beautiful. Best musical film ever. (Keith Clark, IMDb review)/A woman leaves an Austrian convent to become a governess to the children of a Naval officer widower. (IMDb Plot)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM