National Theatre Live at シネリーブル池袋

  • 2018.12.14 Friday
  • 19:11

 

 

   National Theatre Live

    (シネリーブル池袋)

 

   上映作品

  『フランケンシュタイン

  『ハムレット

  『アマデウス

  『一人の男と二人の主人

  『ハングメン

  『夜中に犬に起こった奇妙な事件

  『イエルマ

  『フォリーズ』

  (配給:カルチャヴィル)

 


 

   『フランケンシュタイン』

    (カンバーバッチ博士版)
    2018/12/15(土)〜12/29(土)

       2019/1/2(水)

 

 


   『フランケンシュタイン』

    (カンバーバッチ怪物版)
    2018/12/15(土)〜12/28(金)

      2018/12/31(月) ・2019/1/4(金)

 

 


  原題:Frankenstein

  作:メアリー・シェリー (1818年作)
  演出:ダニー・ボイル
  出演:ベネディクト・カンバーバッチ

     ジョニー・リー・ミラー

  上映時間:  2時間15分 ( カンバーバッチ博士版)

       2時間30分 (カンバーバッチ怪物版)

 

 メアリー・シェリーの古典的ゴシック小説の舞台化。フランケンシュタインとは博士の名前。博士が創造した人造人間は、“モンスター”であって名前を持たない。だがこのモンスターに人間的な感情、葛藤が生まれる。そして博士と対立し、想像を絶する戦いへと発展していく。演出は『トレインスポッティング』の斬新な映像で注目され、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞監督賞を受賞したダニー・ボイル。英国を代表する名監督が、舞台の演出家としてもその才能を発揮した。主演の2人、ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーは、ローレンス・オリヴィエ賞で主演男優賞を同時受賞した。

 

 上映スケジュール

 「カンバーバッチ博士版」⇒シネリーブル池袋へ

 「カンバーバッチ怪物版」⇒シネリーブル池袋へ

 

 


 

    『ハムレット』

    2018/12/15(土)〜12/21(金)

    2019/1/5(土)〜1/11(金)

 

    


  原題:Hamlet
  作:ウィリアム・シェイクスピア
  演出:リンゼイ・ターナー
  主演:ベネディクト・カンバーバッチ

  上映時間:3時間27分(休憩含む)

 

 毒殺された父王の亡霊の命令により、デンマーク王子ハムレットが現国王の叔父に復讐を果たそうとする。だがハムレットは恋人の前では狂乱の様子を見せて叔父に探りを入れ、叔父と再婚した母親を責め、復讐の刃を前にして迷いを見せる。カンバーバッチ以上に、宮廷の人々の荒涼とした心象風景を視覚化した舞台装置、照明の効果が素晴らしい。

 

 

 

  上映スケジュール ⇒ シネリーブル池袋へ

 


 

    『アマデウス』

    2018/12/22(土)〜2019/1/4(金)

    *1/1元旦は休館日にて上映なし

 

 


  原題:Amadeus
  作:ピーター・シェファー
  演出:マイケル・ロングハースト
  出演:ルシアン・ムサマティ

     アダム・ギレン

  上映時間:3時間15分(休憩20分含む)

 

 映画化もされ有名になった名作のリバイバル上演。宮廷楽師のサリエリが若き天才作曲家モーツァルトに嫉妬の炎を密かに燃やす。だが誰よりも彼の才能を理解しているのは、他ならぬ自分自身なのだった。舞台上にプロの演奏家を登場させ、エキストラも兼ねさせる試みが面白い。

 

  上映スケジュール ⇒ シネリーブル池袋

 


 

   『一人の男と二人の主人』

    2018/12/29(土)・30(日)

    2019/1/2(水)〜1/4(金)

 

 


  原題:One Man, Two Guvnor
  作:リチャード・ビーン
  演出:ニコラス・ハイトナー
  出演:ジェームズ・コーデン、トム・エデン

  上映時間:3時間9分(休憩含む)

 

 ここ数年、何度か再上映されているが、その都度、多くの観劇レポートには、いかに自分が笑いの渦に巻き込まれたか、その楽しい観劇体験が綴られている。イタリアの古典喜劇を現代風にアレンジしたものだが、古典喜劇のエッセンス、爆笑コント、レトロ調の曲のライブ・パフォーマンスなど、エンターテイメントとして最高のステージ。そして何よりも今、絶好調のジェームズ・コーデンが最高で、抱腹絶倒とはまさにこの事!

 

 

 

 

  上映スケジュール ⇒ シネリーブル池袋

 


 

   『ハングメン』

   2018/12/30(日) ・2019/1/3(木)のみ
 

  

 

  原題:Hangmen
  作:マーティン・マクドナー
  演出:マシュー・ダンスター
  出演:デヴィッド・モリッシーほか

  上映時間:約2時間45分(休憩含む)

 

 あの衝撃の舞台の初演を観る事ができる絶好の機会。この5月に長塚圭史演出、田中哲司主演で日本でも上演されたばかりで、前期の観劇レポートでは多くの提出者が高い評価を与え、レポートでその驚きを記していた。かつて絞首刑を執行していた男の物語で、邦題は『ハングマン』と単数形だった。だが、やはり『ハングメン』と、複数形が原題であるところにコワい意味がある。作者のマーティン・マクドナーは映画の方でも活躍をし初めていて、監督、脚本家として、2017年に『スリー・ビルボード』を発表。アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞などにノミネートされ、フランシス・マクドーマントに主演女優賞を、サム・ロックウェルに助演男優賞をもたらした。『ハングメン』も数多くの演劇賞に輝いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  上映スケジュール ⇒ シネリーブル池袋

 


 

  『夜中に犬に起こった奇妙な事件』

   2019/1/5(土)〜1/11(金)

 

 


  原題:The Curious Incident of the Dog

      in The Night-Time
  原作:マーク・ハッドン
  脚色:サイモン・ステファンズ
  演出:マリアンヌ・エリオット
  主演:ルーク・トレッダウェイ

  上映時間:約2時間51分(休憩含む)

 

 自閉症だが、計算能力などに並外れた頭脳をもつ15歳のクリストファー。純真な彼は隣人シアーズさんの犬を殺害した犯人を探そうとし始めるが、様々な困難と遭遇していく。舞台装置をほとんど用いず、なにもない空間にプロジェクション・マッピングでクリストファーの周囲と心の内を表現していく演出が鮮やかな舞台。2013年のオリヴィエ賞で作品賞を含む主要7部門を独占した。

 

 

 

 

 上映スケジュール ⇒ シネリーブル池袋へ

 


 

    『イェルマ』

    2019/1/5(土)〜1/11(金)
 

 

 

  原題:Yerma
  作:フェデリコ・ガルシア・ロルカ
  演出:サイモン・ストーン
  出演:ビリー・パイパー

  上映時間:1時間49分(休憩なし)

 

 スペインの劇作家ロルカ(1898-1936)の1934年作品をヤング・ヴィック劇場がリバイバル上演。イェルマは何よりも子供が欲しかった。イェルマは誰よりも母親になりたかった。だが彼女の強い願望は…。イェルマを演じたビリー・パイパーはオリヴィエ賞主演女優賞を初めとして数多くの賞に輝いた。

 

 

 

  上映スケジュール ⇒ シネリーブル池袋へ

 


 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

contents

  

    演劇学部推薦公演(2019年秋期)

   

  

    映画学部推薦作品(2019年秋期)

   

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と

演劇を幅広く紹介、解説、研究する

オンライン上の教育・文化活動です。

文部科学省の認可は受け ていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  



  

   <2月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

  

New

・ 英米演劇大賞2019

   各部門の優秀賞の発表

            (2020/2/18)

Update

・ 主要映画賞候補作

   公開スケジュール(2020)

              (2020/2/18)

Update

・ 2020年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  ベスト3は

  .僖薀汽ぅ函身消浪爾硫搬

  1997 命をかけた伝令

  フォードvsフェラーリ

                 (2020/2/18)

Update

・ 2020年英米演劇上演予定

             (2020/2/18)

Update

・ 2019年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  ベスト3は

  .献隋璽ー

  ▲▲戰鵐献磧璽/エンドゲーム

  スパイダーマン:スパイダーバース

                 (2020/2/18)

  

・  映画レポート・Netflix

      オリジナル作品

  『アイリッシュマン』『マリッジ・ストーリー』と関連作品をレポート対象作として追加しました。

            (19/11/17)

  

・ 

      「アナと雪の女王」

    (演技コース参考動画)

            (19/11/16)

  

・ 

   「グレイテスト・ショーマン」

    (演技コース参考動画)

             (19/11/10)

  

 文京学院大学・特別講座

     を紹介します。

・  映画を学ぶ、映画で学ぶ

  (講師:桑子順子ほか/10月2日より)

・  映画を研究しよう!

  (講師:広川治ほか/10月19日土曜)

・  カウボーイとジェンダー

  (講師:塚田幸光/11月15日金曜)

             (19/9/29)

  

・ 2019年 秋期

      観劇レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/16)

  

・ 2019年 秋期

      映画レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/15)

  

・ 2019年英米演劇上演予定

             (19/8/8)

 

・ 『英国万歳!』で

     朗読される

     『リア王』の名場面

     が掲載されました。

             (19/5/31)

 

・ 『英国万歳!』

   〜登場人物・物語の解説

     が掲載されました。

             (19/5/30)

 

・ ミュージカル

   She Loves Me のすべて

     が掲載されました。

             (19/5/5)

 

・ 映画学部主催の新講座

   アカデミー賞と

     アメリカ映画の歴史

     講座内容・予定が

     発表されました。

             (19/5/1)

 

・ オンライン映画演劇大学

     英米演劇大賞2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ オンライン映画演劇大学

     シネマグランプリ2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

 

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

 


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

<過去の主要記事・講座>

  

     【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

・ 講座概要・予定

・ 第1回  シェイクスピアって

                 ヤバくない?

・ 第2回  恋人たちの

                 シェイクスピア

・ 第3回  軍隊で

            シェイクスピア?

・ 第4回  アクション・スター

            がハムレット

・ 第5回  俳優たちの

                 『ハムレット』

・ 第6回  国王のための

                 名せりふ

・ 第7回  宇宙の彼方の

                 シェイクスピア

  




  

     【アメリカ演劇学科】

  

・  『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

・  アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

・ 講座概要

・ 作品リスト

・ 映画リスト

・ 第1回入門編

・ 第2回 『カム・ブロー・

              ユア・ホーン』

・ 第3回 『はだしで散歩』

・ 第4回 『おかしな二人』

・ 第5回

    『スウィート・チャリティ』

 原作: 映画『カビリアの夜』

          初演(1966年)

映画『スウィート・チャリティ』

                   *

・ 第6回 映画 『紳士泥棒

          大ゴールデン作戦』

・ 第7回 『星条旗娘』

・ 第8回 『プラザ・スイート』

・ 第9回 『浮気の終着駅』

・ 第10回 『ジンジャー

               ブレッド・レディ』

  




  

     【イギリス演劇学科】

  

・  ワイルド流喜劇のレシピ

      オスカー・ワイルド

      『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る

         『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・    『ローゼンクランツと

ギルデンスターンは死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

    『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映画学部・映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

   『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

      (2020年2月)

  

    彼らもまた、わが息子

       (東京芸術劇場)

作:アーサー・ミラー

翻訳: 水谷八也

演出: 桐山知也

主演: 吉見一豊

        (2/7〜15)

  


  

         ヘンリー五世

 (彩の国さいたま芸術劇場)

作: シェイクスピア

翻訳: 松岡和子

演出: 吉田鋼太郎

主演: 阿部寛

        (2/14〜3/1)

  


  

          グロリア

    (赤坂レッドシアター)

作: ブランデン・

     ジェイコブ-ジェンキンス

翻訳: 小田島恒志・則子

演出: 古城十忍

        (2/27〜3/8)

  


  

 PageTop▲

  

 映画学部推薦作品 (新作)

  

 (2018年洋画推薦作品)

   


  

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

  



  

 (2019年洋画推薦作品)

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

 『女王陛下のお気に入り』

   2/15〜  公式サイト

 (2019年3月推薦作品)

 『グリーンブック』

   3/1〜  公式サイト

 『COLD WAR

      あの歌、2つの心』

   6/28〜  公式サイト

 『シークレット・

      スーパースター』

   8/9〜  公式サイト

  


  

 『ホテル・ムンバイ』

   9/27〜  公式サイト

 『ジョーカー』

   10/4〜  公式サイト

 『盲目のメロディ』

   11/15〜  公式サイト

 『アイリッシュマン』

   11/15〜  公式サイト

 『マリッジ・ストーリー』

   11/29〜  公式サイト

  



  

 (2020年1月推薦作品)

 『パラサイト/半地下の家族』

   1/10〜  公式サイト

 『ジョジョ・ラビット』

   1/17〜  公式サイト

  


  

 (2020年2月推薦作品)

 『ナイブズ・アウト

  名探偵と刃の館の秘密』

   1/31〜  公式サイト

 『1917 命をかけた伝令』

   2/14〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

   Music for Live Show

    (2019年10月)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM