2019年春期・映画レポート対象作品 (1)

  • 2019.04.07 Sunday
  • 01:00

2019年春期の映画レポート対象作品(映画学部推薦作品・全学共通)が決まりました。1から6までの新作公開映画より1本を選びます。次に設定されたテーマの作品(旧作・準新作)より2本を選び、合計3作品について考察する課題です。7番目の『パピヨン』は公開時期が遅いので、追加レポートの対象作になります。まずは1から6の新作から選んでください。(2019年4月8日)


 

 

   映画レポート対象作品リスト

       (2019年・春期)

 

 <目次>

 1-A. グリーンブック (3/1〜)

 1-B. ブラック・クランズマン (3/22〜)

    Theme: Between Black and White

      〜『グリーンブック』

      『ブラック・クランズマン』共通 

    ドライビング・ミス・デイジー

    ヘルプ〜心がつなぐストーリー

    ドリーム

    ミシシッピー・バーニング

    それでも夜は明ける

    ヘアスプレー

 2.  バイス (4/5〜)

   Theme: Inside the White House

   フロスト×ニクソン

   13デイズ

   デーヴ

   ザ・コンテンダー

   ニクソン

   リンカーン

 3.  ビューティフル・ボーイ (4/12〜)

   Theme: Drug Addiction

   トレインスポッティング

   ベン・イズ・バック (5/24〜)

   トラフィック

   レクイエム・フォー・ドリームス

 4.  僕たちのラストステージ (4/19〜)

   Theme: The Great Comedians

         in Old Hollywood

   ローレル&ハーディの天国二人道中

   チャーリー 

     およびチャップリンの名作

 5.  ある少年の告白 (4/19〜)

   Theme: Movies with LGBT Leads

   ムーンライト

   ミルク

   君の名前で僕を呼んで

   その他の比較作品

     リリーのすべて

     キャロル

     チョコレート・ドーナツ

     パレードへようこそ

 6.  ドント・ウォーリー (5/3〜)

   Theme: Life in a Wheelchair

    博士と彼女のセオリー

    ブレス しあわせの呼吸

 7.  パピヨン (6/21〜)

   Theme: Prison Movies

   ショーシャンクの空に

   グリーンマイル

   パピヨン (1973)

 

 <各映画の評価に関する情報について>

 

 は世界最大級の映画データベースであるIMDb (Internet Movie Database)。このサイトから User Ratings (一般のユーザー評価=10点満点の平均点)、Plot (あらすじ)、User Review を引用している。

 

Rottten Tomatoesは映画評論家中心の映画情報サイト。評論家の満足度(Tomatometer)を示す。Critics Consensusは批評家のほぼ一致した意見の概略。

 

評価や満足度の数値は変動する値だが、ここに引用されているのは、2019年4月時点の数値である。
   


 

 

   1-A.『グリーンブック』

         Green Book (2018)  

         31より公開中

 

 

 

1962年アメリカ。天才黒人ピアニストと粗野な白人の運転手が人種差別の色濃い南部へツアーに出る。比較作品の一つ「ドライビング・ミス・デイジー」も運転手と雇い主の話だが、こちらは黒人が白人の老婦人の専属運転手になる物語。両作品ともユーモラスで笑えるやり取りが数多くあって笑わせられると同時に、グッとくる場面が用意されていて、アカデミー賞で作品賞や演技賞を受賞しているのも納得できる2本である。

 

 <監督>

▶ ピーター・ファレリー

 

 <出演>

▶ ヴィゴ・モーテンセン

 「ロード・オブ・ザ・リング」(2001)

 「イースタン・プロミス」(2007)

 「はじまりへの旅」(2016)

▶ マハーシャラ・アリ

 「ムーンライト」(2016)

 「ドリーム」(2016)

 

 <受賞> 赤が受賞/他はノミネート

アカデミー賞

 作品賞

 監督賞 ピーター・ファレリー

 主演男優賞 ヴィゴ・モーテンセン

 助演男優賞 マハーシャラ・アリ

 脚本賞=ピーター・ファレリーほか

 編集賞

 

 『グリーンブック』 公式サイト

 


 

 

User Ratings = 8.3 /10

 

Plot   A working-class Italian-American bouncer becomes the driver of an African-American classical pianist on a tour of venues through the 1960s American South.

 

User Review

 9/10

Greatful to have seen this   

 Lotus-318 September 2018

I saw this at the premier at TIFF and was thrilled to learn the story is about a real friendship. This is not a typical road movie, or buddy film. Given the lead actors, I knew it would be something special, and it is. Entertaining, funny in parts, hard to accept in others - as a white american who wasn't around in the 1960's, the racism was mind boggling and I couldn't help but feel shame. Green Book has so many layers - family, culture, honesty, dignity, genius, respect, acceptance, stereotypes, racism, music, class, friendship, and fried chicken. Whatever your views, race, or age - this film is not 'preachy', but you should appreciate an honest portrayal of a difficult time & place in history. I'll use the term an "unlikely friendship", but knowing the two men were real makes it fantastic. I'm so grateful to have learned about them and their lives. I only wish there had been a Q&A afterward.

 

 ⇒ See More on IMDb

 


 

Rottten Tomatoes

  = 78%

 

Critics Consensus

Green Book takes audiences on a surprisingly smooth ride through potentially bumpy subject matter, fueled by Peter Farrelly's deft touch and a pair of well-matched leads.

 

 ⇒ See More on Rotten Tomatoes

 


 

 

   1-B.『ブラック・クランズマン』

 

     BlacKkKlansman (2018)   

     322より公開中

 

  

 

黒人と白人の刑事がタッグを組み、KKKの組織に潜入して人種差別の実態を暴いていく。スパイク・リー監督のタッチは、基本的にはユーモアやアイロニーにあふれた軽快なものだが、油断をしていると、恐ろしくスリリングな展開となるのだから気を抜けない。黒人を悪者として登場させ、KKKの組織をヒーローとして描いた無声映画『国民の創生』(1916)の映像が挿入されているので、この作品もレポートの比較作品にすることも可能。

 

 <監督>

▶ スパイク・リー

 「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989)

 「マルコムX」(1992)

 

 <主演>

▶ ジョン・デイヴッド・ワシントン

 〜デンゼル・ワシントンの息子

▶ アダム・ドライバー

 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015)

 「沈黙 -サイレンス-」(2016)

 「パターソン」(2016)

 

 <受賞> 赤が受賞/他はノミネート

・ アカデミー賞

  作品賞

  監督賞 スパイク・リー

  助演男優賞 アダム・ドライヴァー

  脚色賞/編集賞/作曲賞

・ ゴールデン・グローブ賞

  作品(ドラマ部門)/監督賞/助演男優賞

  男優賞 ジョン・デヴィット・ワシントン

 

 『ブラック・クランズマン』 公式サイト

 


 

 

User Ratings = 7.5 /10

 

Plot  Ron Stallworth, an African American police officer from Colorado Springs, CO, successfully manages to infiltrate the local Ku Klux Klan branch with the help of a Jewish surrogate who eventually becomes its leader. Based on actual events.

 

User Review    

 8/10

Totally Recognizable Villany  

 normando408 January 2019

A terrific Spike Lee film with humor and gut wrenching truths. My first reaction was that the villains were too one dimensional, caricaturesque. It was impossible to stay with them for more than a few seconds - even that outrageous scene of connubial bliss where she expresses her willingness, in the most romantic terms, to kill Blacks. I recoiled in horror and kind of laughing nervously - what is this, a satire? And then, I realized - the real life villanis are one dimensional, they are caricaturesque, they are their own satire. John David Washinton is great and sounds just like his father. Adam Driver brings a presence that is nothing short of compelling, The final real life images are devastating, I highly recommend it.

 

   See More on IMDb

 


 

Rottten Tomatoes

  = 96%

 

Critics Consensus

BlacKkKlansman uses history to offer bitingly trenchant commentary on current events -- and brings out some of Spike Lee's hardest-hitting work in decades along the way.

 

 ⇒ See More on Rotten Tomatoes

 


 

    <レポート比較作品>

 

   Theme: Betweem Black and White

   『グリーンブック』『ブラック・クランズマン』共通

 

  <目次>

  ドライビング・ミス・デイジー

  ヘルプ〜心がつなぐストーリー

  ドリーム

  ミシシッピー・バーニング

  それでも夜は明ける

  ヘアスプレー

 


 

 

   「ドライビングMissデイジー」

     Driving Miss Daisy (1989)

 

 

 

頑固な白人の老婦人とユーモアあふれる黒人運転手の心温まる交流を描いたアカデミー賞作品賞受賞作。原作は舞台劇で、かつては日本でも劇団民藝と無名塾の提携公演で奈良岡朋子と仲代達矢が主演。2019年6月には草笛光子と市村正親主演の舞台の上演が予定されている。主演のジェシカ・タンディは若い頃から舞台に立っているイギリス出身のベテラン女優。30代後半、テネシー・ウィリアムス作『欲望という名の電車』のブロードウェイ初演(1949)でヒロイン、ブランチ・デュボアを演じ好評を博していた。しかし映画化(1951)に際しては、他の主要キャストが舞台と同じメンバーだったにも関わらず、映画界では無名の彼女だけは起用されなかった。代わりに『風と共に去りぬ』(1939)のスター女優ビビアン・リーがブランチ役を射止め、アカデミー賞主演女優賞を獲得。しかしその後もタンディは舞台、映画で地道に女優を続け、80歳にしてこの作品でアカデミー賞主演女優賞受賞となった。

 

<監督> ルース・ベレスフォード

<原作・脚本> アルフレッド・ウーリー

 

<主演>

▶ ジェシカ・タンディ

 「フライド・グリーントマト」(1991)

▶ モーガン・フリーマン

 「ショーシャンクの空に」(1994)

 「ミリオン・ダラー・ベイビー」(2004)

 「インビクタス/負けざる者たち」(2009)

 

<受賞> 赤が受賞、その他はノミネート

▶ アカデミー賞

 作品賞

 主演男優賞  モーガン・フリーマン

 主演女優賞  ジェシカ・タンディ

 助演男優賞  ダン・エイクロイド

 脚色賞  アルフレッド・ウーリー   

 美術賞/編集賞/メイクアップ賞

 


 

 

User Ratings = 7.4 /10

 

Plot   An old Jewish woman and her African-American chauffeur in the American South have a relationship that grows and improves over the years.

 

User Review (excerpt)

 8/10

A gem 

 BrandtSponseller31 May 2005

Alfred Uhry adapted the script from a play he wrote by the same name that was first produced Off-Broadway. Although the play began in a small theater, it had good reviews and good word of mouth, necessitating a move to a larger theater. Uhry eventually won a Pulitzer Prize for his work. He has said that that Driving Miss Daisy was semi-biographical about his grandmother and her driver.

 

That fact probably helped create the remarkable depth of character shown in the film, although certainly director Bruce Beresford, Freeman, who also starred in the play, and Tandy do more than their share to build a charming, frequently funny and poignant portrayal of two very different humans learning to see eye to eye.

 

It's significant that Driving Miss Daisy is set in the South and spans the period prior to and slightly after the civil rights movement in the US. And it's significant that Hoke is an African-American while Miss Daisy is Jewish.

 

 ⇒ See More on IMDb

 


 

Rottten Tomatoes

    = 82%

 

Critics Consensus

Warm and smartly paced, and boasting impeccable performances from Morgan Freeman and Jessica Tandy.

 

 ⇒ See More on Rotten Tomatoes

 


 

 

   ヘルプ 〜心がつなぐストーリー」

     The Help (2011)

 

   

 

60年代アメリカ南部、ミシシッピー州のある町。大学を卒業して作家を目指す女性(エマ・ストーン)が帰郷して黒人メイドたちの生活を取材する。彼女の真実に迫る取材態度と内容は、やがて町の人々の生き方を様々な意味で変えていく事になる。現在28歳のエマ・ストーンがまだ20歳すぎの頃の作品なので、その初々しさが新鮮に映る。彼女が交流を深めていく黒人メイドを演じるヴィオラ・デイヴィスは舞台でその演技に磨きをかけてきた人で、トニー賞を2度受賞している演技派だ。この作品でも因習の枠から簡単には抜け出せない女性の苦しみを見事に演じている。大らかでユーモアあふれる黒人メイド、ミニーを演じたオクタヴィア・スペンサーも見事で、特に新たな家での女主人とのエピソードが素晴らしい。ユーモラスかつハートウォーミングに人種差別や偏見の問題を描いた秀作である。

 

<監督> テイト・テイラー

 

<主演>

▶ エマ・ストーン

 「ラブアゲイン」(2011)

 「アメイジング・スパイダーマン」(2012)

 「ラ・ラ・ランド」(2016)

 「女王陛下のお気に入り」(2018)

▶ ヴィオラ・デイヴィス

 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」(2008)

 「フェンス」(2018)

▶ オクタヴィア・スペンサー

 「ドリーム」(2016)

 「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017)

▶ ジェシカ・チャステイン

 「ゼロ・ダーク・サーティ」(2012)

 「女神の見えざる手」(2016)

 「モリーズ・ゲーム」(2017)

 

<受賞> 赤が受賞、その他はノミネート

▶ アカデミー賞 

 作品賞

 主演女優賞  ヴィオラ・デイヴィス

 助演女優賞  オクタヴィア・スペンサー

 助演女優賞 ジェシカ・チャステイン

 


      

 

User Ratings = 8.1 /10

 

Plot   An aspiring author during the civil rights movement of the 1960s decides to write a book detailing the African American maids' point of view on the white families for which they work, and the hardships they go through on a daily basis.

 

User Review

  10/10

It was AMAZING! 

  finallyajerseygirl23 June 2011

 

I saw a preview of this film a few weeks ago in Philadelphia. I am huge fan of the book and could not wait to see the movie. I was not disappointed. I LOVED this movie. I have not seen anything more moving or more real in such a long time.

 

The movie stays very close to the book. The book has a bit more details, but all the parts of the book that make it so great were in the movie. There was not a thing missed in the screenplay. The characters come alive on the screen. There is no stretch of imagination. The casting is perfect. Go see this, you will not be disappointed!

 

 See More on IMDb

 


 

Rottten Tomatoes

    = 76%

 

Critics Consensus

Though arguably guilty of glossing over its racial themes, The Help rises on the strength of its cast -- particularly Viola Davis, whose performance is powerful enough to carry the film on its own.

 

 ⇒ See More on Rotten Tomatoes

 


 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

contents

  

    演劇学部推薦公演(2019年秋期)

   

  

    映画学部推薦作品(2019年秋期)

   

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と

演劇を幅広く紹介、解説、研究する

オンライン上の教育・文化活動です。

文部科学省の認可は受け ていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  



  

   <9月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

  

New

・ 2019年 秋期

      観劇レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/16)

New

・ 2019年 秋期

      映画レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/15)

New

・ 2019年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

             (19/8/24)

Update

・ 2019年英米演劇上演予定

             (19/8/8)

 

・ 『英国万歳!』で

     朗読される

     『リア王』の名場面

     が掲載されました。

             (19/5/31)

 

・ 『英国万歳!』

   〜登場人物・物語の解説

     が掲載されました。

             (19/5/30)

 

・ ミュージカル

   She Loves Me のすべて

     が掲載されました。

             (19/5/5)

 

・ 映画学部主催の新講座

   アカデミー賞と

     アメリカ映画の歴史

     講座内容・予定が

     発表されました。

             (19/5/1)

 

・ オンライン映画演劇大学

     英米演劇大賞2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ オンライン映画演劇大学

     シネマグランプリ2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

 

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

 


  

 

 

 〜優秀賞の発表と選評〜

  


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

<過去の主要記事・講座>

  

     【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

・ 講座概要・予定

・ 第1回  シェイクスピアって

                 ヤバくない?

・ 第2回  恋人たちの

                 シェイクスピア

・ 第3回  軍隊で

            シェイクスピア?

・ 第4回  アクション・スター

            がハムレット

・ 第5回  俳優たちの

                 『ハムレット』

・ 第6回  国王のための

                 名せりふ

・ 第7回  宇宙の彼方の

                 シェイクスピア

  




  

     【アメリカ演劇学科】

  

・  『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

・  アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

・ 講座概要

・ 作品リスト

・ 映画リスト

・ 第1回入門編

・ 第2回 『カム・ブロー・

              ユア・ホーン』

・ 第3回 『はだしで散歩』

・ 第4回 『おかしな二人』

・ 第5回

    『スウィート・チャリティ』

 原作: 映画『カビリアの夜』

          初演(1966年)

映画『スウィート・チャリティ』

                   *

・ 第6回 映画 『紳士泥棒

          大ゴールデン作戦』

・ 第7回 『星条旗娘』

・ 第8回 『プラザ・スイート』

・ 第9回 『浮気の終着駅』

・ 第10回 『ジンジャー

               ブレッド・レディ』

  




  

     【イギリス演劇学科】

  

・  ワイルド流喜劇のレシピ

      オスカー・ワイルド

      『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る

         『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・    『ローゼンクランツと

ギルデンスターンは死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

    『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映画学部・映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

   『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

    (2019年8月)

  

   ヘンリー六世 三部作

       リチャード三世

       (カクシンハン)

作: シェイクスピア

翻訳: 松岡和子

演出: 木村龍之介

主演: 河内大和、真以美

        (7/25〜8/12)

  


  

       人形の家part2

         (パルコ)

 作: ルーカス・ナス

 翻訳: 常田景子

 演出: 栗山民也

 主演: 永作博美

        (8/9〜9/1)

  


  

    ブラッケン・ムーア

          (東宝)

作:アレクシ・ケイ・

         キャンベル

翻訳: 広田敦郎

演出: 上村聡史

主演: 岡田将生、木村多江

        (8/14〜27)

  

 PageTop▲

  

 映画学部推薦作品 (新作)

  

 (2018年洋画推薦作品)

   


  

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

 『アリー/ スター誕生』

   12/21〜  公式サイト

  



  

 (2019年1月推薦作品)

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

  


  

 (2019年2月推薦作品)

 『メリー・ポピンズ

     リターンズ』

   2/1〜  公式サイト

 『女王陛下のお気に入り』

   2/15〜  公式サイト

  


  

 (2019年3月推薦作品)

 『グリーンブック』

   3/1〜  公式サイト

 『ブラック・クランズマン』

   3/22〜  公式サイト

  


  

 (2019年4月推薦作品)

 『僕たちのラストステージ』

   4/19〜  公式サイト

 『幸福なラザロ』

   4/19〜  公式サイト

  


  

 (2019年5月推薦作品)

 『ドント・ウォーリー』

   5/3〜  公式サイト

 『僕たちは希望という

      名の列車に乗った』

   5/17〜  公式サイト

  


  

 (2019年6月推薦作品)

 『SANJU/サンジュ』

   6/15〜  公式サイト

 『パピヨン』

   6/21〜  公式サイト

  


  

 (2019年7月推薦作品)

 『COLD WAR

      あの歌、2つの心』

   6/28〜  公式サイト

 『Girl/ガール』

   7/5〜  公式サイト

  


  

 (2019年8月推薦作品)

『存在のない子供たち』

   7/20〜  公式サイト

 『シークレット・

      スーパースター』

   8/9〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

selected entries

categories

archives

recommend

雨に唄えば [DVD]
雨に唄えば [DVD] (JUGEMレビュー »)

A fabulous musical romance about film technology (IMDB, User Review)/A silent film production company and cast make a difficult transition to sound. (IMDb, Plot)

recommend

メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD]
メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

Disney's Live/Animated Masterpiece Shines More Brightly than Ever! (Ben Burgraff, IMDb Review)/In turn of the century London, a magical nanny employs music and adventure to help two neglected children become closer to their father. (IMDb Plot)

recommend

サウンド・オブ・ミュージック (字幕版)
サウンド・オブ・ミュージック (字幕版) (JUGEMレビュー »)

Beautiful. Best musical film ever. (Keith Clark, IMDb review)/A woman leaves an Austrian convent to become a governess to the children of a Naval officer widower. (IMDb Plot)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM