『英国万歳!』

  • 2019.05.30 Thursday
  • 00:46

 


 

 

 ナショナル・シアター・ライブ

    『英国万歳!』

 

   The Madness of King George III

   (Nottingham Playhouse, 2018)

 

  〜主な登場人物・物語の解説〜

 

  

 

【解説】

アラン・ベネット作『ジョージ三世の狂気』は1991年にロンドンのナショナル・シアターで上演された。この時に国王を演じたナイジェル・ホーソンの演技は大きな反響を呼び、演出家ニコラス・ハイトナーが監督を務め、アラン・ベネット自身の脚色で映画化された。ホーソンはアカデミー賞で主演男優賞にノミネートされ、助演女優賞(王妃役のヘレン・ミレン)、脚色賞、美術賞の候補にもなり、美術賞を受賞した。英国アカデミー賞ではホーソンが主演男優賞を受賞し、カンヌ国際映画祭ではヘレン・ミレンが女優賞に選ばれている。この映画化(原題The Madness of King George)の邦題が「英国万歳!」であったことから、今回のノッティンガム・プレイハウスの公演のナショナル・シアター・ライブのタイトルも「英国万歳!」となった。

 

  

 

注目は今回のリバイバル(演出:アダム・ペンフォード)でも、やはり国王役の演技である。今回ジョージ三世を演じるのは、人気テレビドラマ・シリーズ「シャーロック」で、シャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)の兄マイクロフトを演じているマーク・ゲイティス。彼は「シャーロック」のプロデューサーでもあり、共同脚本家の一人でもある。ナショナル・シアター・ライブでも以前上映された『コリオレイナス』(2014)でコリオレイナス(トム・ヒドルストン)の友人メニーニアス役を演じ、WhatsOnStage Awards の助演男優賞を受賞している。(石田伸也)

 

 

    (左) マーク・ゲイティス

    (右) ベネディクト・カンバーバッチ

 

 

    (右) トム・ヒドルストン

 


 

  主な登場人物

 

  国王ジョージ三世

  皇太子ウエールズ王子

  ピット首相とフォックス議員

  シャーロット王妃

  侍医ベイカー

  侍従のフィッツロイとグレヴィル

  従者たち

  サーロウ大法官

  ウィリス医師

 

* 台詞の引用はAlan Bennett, The Madness of George III (1992, faber & faber)より、舞台写真はすべてノッティンガム・プレイハウスのManuel Harlan氏によるもの。

 


 

       国王ジョージ三世

 

        

        Photos: Manuel Harlan

 

ヘンデルの音楽と共に国王と王室一家が威風堂々と登場。国民の歓声に応えて手を振っている。だが突然、嘆願書を手にした女性がナイフを国王に突きつける。「私に土地を!私には権利があるわ!」と叫ぶ女。

 

 

 EQUERRIES:  Back! Back! Hold her!  Is Your Majesty hurt?

 QUEEN:  Sir! Sir!

 

女は取り押さえられ、幸い国王に怪我はなく、むしろ王は侍従たちに女を「乱暴に扱ってはいかん」と気づかいを示し、騒ぎは収まる。この対応からジョージ三世が必ずしも傍若無人に振る舞う君主ではなかったことが分かり、後の発狂場面の言動との対照が際立つことになる。しかし大法官(Lord Chancellor)のサーロウが「もしあの女が狂っているようなら、精神病院に収監させます」と報告しているあたり、後に始まる王の狂乱を予兆しているような皮肉な開幕場面でもある。

 

ジョージ三世(1738〜1820)が即位したのは22歳の時。この作品で描かれている1788年の発狂の時は50歳。その錯乱状態は今で言う認知症のような症状だが、その病因には諸説ある。この作品で描かれている時代以降、いったん治まった発作は数回再発したという。

 


 

      皇太子ウエールズ王子

 

   

   (左) 皇太子ウエールズ王子  (右) ジョージ三世

 

ジョージ三世と王妃の間には15人の子供たちがいた。だが国王は悠々自適の独身生活を謳歌している放蕩息子の皇太子(Prince of Wales)に不満を抱いていた。皇太子には嘆願女性の騒ぎを見て「どう思われても仕方がない事態だ」とヨーク公(Duke of York)にもらす。すると国王は「何だと?」とイラつくが、皇太子は「父上にお怪我がなくて良かったと軽くかわす。だが王妃は息子の本音を見抜いており「‟良かった″なんて、よくお前の口から出てきたものね」と非難する。国王は皇太子を「お前が太っているのは、勉強不足のせいだ」と言い、自分が農業を研究し、国民から農夫のジョージと呼ばれ慕われていることを自慢する。この親子関係の不和は後に政治がらみの対立の図式へと発展していくのであった。

 



    ピット首相とフォックス議員

 

    (左) ピット首相  (右) フォックス

 

国王が信頼を寄せていたのは、ピット首相だった。王はピットの財政政策を褒める。逆に改革派でピットの政敵であった議員フォックスを王は嫌っていた。ウィリアム・ピット(1759〜1806/在任=1783〜1801、1804〜1806)は英国史上最も若い24歳という年齢で首相に就任した政治家で、父親ピット(通称大ピットでウィリアムは小ピットと呼ばれた)と同様、名宰相の誉れが高かった。劇中で王はピットに「男は結婚すべきだ」と助言しているが、実際は生涯独身のままで過ごした政治家だった。

 


 

シャーロット王妃

 

 

国王夫妻はおしどり夫婦だった。他の国王と違って愛人を作ることなく妻と子供たちに愛情を注いでいた。シャーロット王妃はそんな王を愛し、良き妻として彼を支え続けていた。それだけに王の健康状態の悪化や、劇後半で描かれている王と離れて暮らす日々は余計につらいものになっていく。

 

 

  KING:  When we get this far I call it dandy, hey?

  QUEEN:  Indeed, Mr King.

 


 

 侍医ベイカー

 

王は就寝の際に激しい腹痛を訴え、侍医のベイカーが呼び寄せられる。だがベイカー医師が到着した時には王の痛みも治まっていた。ベイカーは国王の威厳の前では委縮するばかりの滑稽な役柄である。「ああ、ベイカー、ヤブ医者が来たな」と言われても、彼は戸惑って緊張するばかりで脈を測る手も思わず震えてしまう。
 

 

KING:  How is my pulse?

BAKER:  It’s very fast, sir.

 


 

   侍従のフィッツロイとグレヴィル

 

  

 

ノッティンガム・プレイハウスの公演では、医師や政治家の多くの男性役が女優によって演じられているが、フィッツロイ役はナディア・アルビーナという片腕に障害がある女優が演じている。女優や障害者を積極的に起用していく方針があるのかもしれない。侍従の役柄に特別な意味を持たせるための配役ではないようだ。フィッツロイは常に侍従として冷静に事に対処しようとしている。

 

侍従になり立てのグレヴィルは、王の腹痛の具合をベイカー医師に尋ねられた際には「ご自身で直接陛下にお伺いになっては」と提言するが、「私の方から何かを尋ねるなんて許されるとでも思っているのか」と叱責されてしまう。するとグレヴィルは「何だかんだ言っても、国王だって人間です」(Whatever his situation His Majesty is but a man.)と反論する。この単純明快な一侍従の言葉こそ、アラン・ベネットが描いている世界ではないだろうか。

 


 

 従者たち

 

国王の奇行が目立つようになってくる。まずその異常な言動に振りまわされるのは、従者たち。夜明け前だというのに、たたき起こされ、身支度をさせられ、王はというと「ブラウン! フォトナム! パペンディック!」と彼らの名前を叫んで起きてきたにもかかわらず、「お前の名前は?」と聞く始末。挙句の果てに従者たちは共に祈れと命じられてしまう。

 

 

  KING:  Say after me − Our Father, which art in heaven…

 

王の小水が入った尿瓶を運ぶ従者のフォトナムは小水が空色だと気づき、侍従のフィッツロイに報告する。「あのようなご様子になってからは、この色です」と言うが、「あのようなご様子だと? 余計なことを口にするな。」とフィッツロイは彼を叱り、尿瓶を取り上げる。冷静な態度しか見せないフィッツロイだが、事の重大さには誰よりも深刻に受け止めているようである。

 

  

   FORTNUM:  It’s been this colour since this

    business began.

   FITZROY:  What business?  Don’t be insolent.

 


 

        サーロウ大法官

 

    

 

かつて大法官(Lord Chancellor)は、国王の宰相的な役割も果たして最高の権力を有していた。ロバート・ボルトの戯曲(1960)およびその映画化(66)「わが命つきるとも」の主人公トマス・モアや、哲学者でもあったフランシス・ベーコンが有名である。ジョージ三世の治世でも、大法官は貴族院議長と最高裁判所長官の職務を果たしており、絶大な権力を握っていた。だがこの劇に登場するエドワード・サーロウ大法官(1731〜1806)が登場人物として最も重要な役割を果たすのは、案外、劇終盤で国王がシェイクスピアの『リア王』を朗読する際、朗読相手として王の娘コーディリアのセリフを朗読する時にあるのかもしれない。朗読される『リア王』については「アラン・ベネット作『英国万歳!』で朗読される『リア王』の名場面」のページを参照してほしい。

 


 

       ウィリス医師

 

   

 

侍医たちに打つ手がなくなった時に呼ばれるウィリス医師は、国王だろうと誰であろうと容赦しない。患者(=patient)の身体拘束は現代でも大きな問題だが、これを残虐な拷問と見るか、それとも躾(しつけ)のような治療の一つとして解釈すべきなのかは、議論を呼ぶところだろう。

 

  

 

   KING:  I am the King of England!

 

 

   WILLIS:  No, sir.  You are the patient!

 

このウィリスの言葉で第1幕が終わるが、第2幕には国王ジョージの「私は患者でない」(I am not the patient.)という台詞も用意されている。

 


 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

contents

  

    演劇学部推薦公演(2019年秋期)

   

  

    映画学部推薦作品(2019年秋期)

   

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と

演劇を幅広く紹介、解説、研究する

オンライン上の教育・文化活動です。

文部科学省の認可は受け ていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  



  

   <2月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

  

New

・ 英米演劇大賞2019

   各部門の優秀賞の発表

            (2020/2/18)

Update

・ 主要映画賞候補作

   公開スケジュール(2020)

              (2020/2/18)

Update

・ 2020年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  ベスト3は

  .僖薀汽ぅ函身消浪爾硫搬

  1997 命をかけた伝令

  フォードvsフェラーリ

                 (2020/2/18)

Update

・ 2020年英米演劇上演予定

             (2020/2/18)

Update

・ 2019年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  ベスト3は

  .献隋璽ー

  ▲▲戰鵐献磧璽/エンドゲーム

  スパイダーマン:スパイダーバース

                 (2020/2/18)

  

・  映画レポート・Netflix

      オリジナル作品

  『アイリッシュマン』『マリッジ・ストーリー』と関連作品をレポート対象作として追加しました。

            (19/11/17)

  

・ 

      「アナと雪の女王」

    (演技コース参考動画)

            (19/11/16)

  

・ 

   「グレイテスト・ショーマン」

    (演技コース参考動画)

             (19/11/10)

  

 文京学院大学・特別講座

     を紹介します。

・  映画を学ぶ、映画で学ぶ

  (講師:桑子順子ほか/10月2日より)

・  映画を研究しよう!

  (講師:広川治ほか/10月19日土曜)

・  カウボーイとジェンダー

  (講師:塚田幸光/11月15日金曜)

             (19/9/29)

  

・ 2019年 秋期

      観劇レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/16)

  

・ 2019年 秋期

      映画レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/15)

  

・ 2019年英米演劇上演予定

             (19/8/8)

 

・ 『英国万歳!』で

     朗読される

     『リア王』の名場面

     が掲載されました。

             (19/5/31)

 

・ 『英国万歳!』

   〜登場人物・物語の解説

     が掲載されました。

             (19/5/30)

 

・ ミュージカル

   She Loves Me のすべて

     が掲載されました。

             (19/5/5)

 

・ 映画学部主催の新講座

   アカデミー賞と

     アメリカ映画の歴史

     講座内容・予定が

     発表されました。

             (19/5/1)

 

・ オンライン映画演劇大学

     英米演劇大賞2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ オンライン映画演劇大学

     シネマグランプリ2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

 

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

 


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

<過去の主要記事・講座>

  

     【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

・ 講座概要・予定

・ 第1回  シェイクスピアって

                 ヤバくない?

・ 第2回  恋人たちの

                 シェイクスピア

・ 第3回  軍隊で

            シェイクスピア?

・ 第4回  アクション・スター

            がハムレット

・ 第5回  俳優たちの

                 『ハムレット』

・ 第6回  国王のための

                 名せりふ

・ 第7回  宇宙の彼方の

                 シェイクスピア

  




  

     【アメリカ演劇学科】

  

・  『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

・  アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

・ 講座概要

・ 作品リスト

・ 映画リスト

・ 第1回入門編

・ 第2回 『カム・ブロー・

              ユア・ホーン』

・ 第3回 『はだしで散歩』

・ 第4回 『おかしな二人』

・ 第5回

    『スウィート・チャリティ』

 原作: 映画『カビリアの夜』

          初演(1966年)

映画『スウィート・チャリティ』

                   *

・ 第6回 映画 『紳士泥棒

          大ゴールデン作戦』

・ 第7回 『星条旗娘』

・ 第8回 『プラザ・スイート』

・ 第9回 『浮気の終着駅』

・ 第10回 『ジンジャー

               ブレッド・レディ』

  




  

     【イギリス演劇学科】

  

・  ワイルド流喜劇のレシピ

      オスカー・ワイルド

      『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る

         『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・    『ローゼンクランツと

ギルデンスターンは死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

    『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映画学部・映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

   『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

      (2020年2月)

  

    彼らもまた、わが息子

       (東京芸術劇場)

作:アーサー・ミラー

翻訳: 水谷八也

演出: 桐山知也

主演: 吉見一豊

        (2/7〜15)

  


  

         ヘンリー五世

 (彩の国さいたま芸術劇場)

作: シェイクスピア

翻訳: 松岡和子

演出: 吉田鋼太郎

主演: 阿部寛

        (2/14〜3/1)

  


  

          グロリア

    (赤坂レッドシアター)

作: ブランデン・

     ジェイコブ-ジェンキンス

翻訳: 小田島恒志・則子

演出: 古城十忍

        (2/27〜3/8)

  


  

 PageTop▲

  

 映画学部推薦作品 (新作)

  

 (2018年洋画推薦作品)

   


  

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

  



  

 (2019年洋画推薦作品)

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

 『女王陛下のお気に入り』

   2/15〜  公式サイト

 (2019年3月推薦作品)

 『グリーンブック』

   3/1〜  公式サイト

 『COLD WAR

      あの歌、2つの心』

   6/28〜  公式サイト

 『シークレット・

      スーパースター』

   8/9〜  公式サイト

  


  

 『ホテル・ムンバイ』

   9/27〜  公式サイト

 『ジョーカー』

   10/4〜  公式サイト

 『盲目のメロディ』

   11/15〜  公式サイト

 『アイリッシュマン』

   11/15〜  公式サイト

 『マリッジ・ストーリー』

   11/29〜  公式サイト

  



  

 (2020年1月推薦作品)

 『パラサイト/半地下の家族』

   1/10〜  公式サイト

 『ジョジョ・ラビット』

   1/17〜  公式サイト

  


  

 (2020年2月推薦作品)

 『ナイブズ・アウト

  名探偵と刃の館の秘密』

   1/31〜  公式サイト

 『1917 命をかけた伝令』

   2/14〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

   Music for Live Show

    (2019年10月)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM