英米演劇上演予定 2020年

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 00:00

 


 

 

    2020年 英米演劇ラインナップ

   〜ストレートプレイ・主要公演リスト〜

 

 

 

 

 Image result for taming of shrew RSC 2020

 

 

 《上演月別・主要公演》

 

 1月  2月  3月  4月  5月  6月

 

 7月  8月  9月  10月  11月  12月

 


 

 

シェイクスピア/イギリス演劇/アメリカ演劇別一覧》

 

 シェイクスピア劇 

 

 1月 ハムレット (WOWOW)

     リチャード三世 (NHK-BS)

 2月 ヘンリー八世 (彩の国さいたま芸術劇場)

     天保十二年のシェイクスピア(日生劇場)

     泣くロミオと怒るジュリエット(シアターコクーン)

 3月 十二夜 (会場:本多劇場)

    マクベスの悲劇 (劇団俳優座)

 5月 ナツノヨノ夢 (カクシンハン)

 6月 ジョン王 (彩の国さいたま芸術劇場)

     じゃじゃ馬ならし (RSC来日公演)

     夏の夜の夢 (ナショナル・シアター・ライブ)

     リア王 (シェイクスピアシアター)

 9月 ジュリアス・シーザー (演劇集団円)

 10月 タイタスアンドロニカス (劇団昴)

 11月 リチャード二世 (新国立劇場)

 

 イギリス/アイルランド演劇  

 

 1月 サイモン・スティーブンス

    『FORTUNE』(森田剛、吉岡里帆主演 /パルコ)

     オスカー・ワイルド

    『まじめが肝心』(文化庁海外研修の成果公演)

     ダンカン・マクミラン & ジョニー・ドナヒュー

    『エブリブリリアントシング(東京芸術劇場)

 2月 ステファノ・マッシーニ

    『リーマン・トリロジー』(NT Live)

 3月 フィービー・ウォーラー=ブリッジ

    『フリーバッグ』(NT Live)

     ピーター・シェーファー

    『ピサロ』(PARCO劇場)

 4月 エンダ・ウォルシュ

    『アーリントン』(KAAT神奈川芸術劇場)

     アンドレア・レヴィ

    『スモール・アイランド』(NT Live)

 5月 デニス・ケリー
    『ガールズ&ボーイズ』
(長澤まさみ一人芝居)

 6月 コナー・マクファーソン [アイルランド]

    『The Weir(堰)』(劇団昴)

 7月 ノエル・カワード

    『プレゼント・ラフター』(NT Live)

 11月 デイヴィッド・ヘイグ

    『プレッシャー (仮題)』(加藤健一事務所)

 

 アメリカ演劇 

 2月 アーサー・ミラー

    『彼らもまた、わが息子』 (俳優座劇場プロ

     デュース) 

     ブランデン・ジェイコブズ・ジェンキンス

    『グロリア』(劇団ワンツーワークス)

    リチャード・カリノスキー

    『月の獣』(テレビ朝日ほか/NHK-BS)

 4月 ダニエル・キイス (原作)

    『アルジャーノンに花束を』(劇団昴)

 5月 ニール・サイモン

    『サンシャイン・ボーイズ』(加藤健一事務所)

 6月 サム・シェパード

    『心の嘘』(劇団俳優座)

 7月 マート・ クロウリー

    『ボーイズ・イン・ザ・バンド

     〜真夜中のパーティー〜』(ミックスゾーン)

 9月 テネシー・ウィリアムズ

    『ガラスの動物園』(パリ・オデオン劇場招聘)

    クリストファー・デュラング

    『ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、

      スパイク』(劇団民藝)

 10月 ニール・サイモン

    『おかしな二人』(シアタークリエ)

 12月 リック・エリス

    『ピーター&ザ・スターキャッチャー』

     (新国立劇場)

 


 

 

      主要公演リスト

 

(1月)

 

・ウィリアム・シェイクスピア

 「ハムレット」

 1月5日(日) 昼12:30〜

  (WOWOWライブ再放送)

 岡田将生がデンマーク王子の復讐と狂気を熱演。恋人オフィーリアを黒木華、母親である王妃ガートルードを松雪泰子が演じた。

 (2019年5月・シアターコクーン)

 

・ウィリアム・シェイクスピア

 「リチャード三世」

 1月12日(日) 深夜2:14〜

  (NHK-BSプレミアム)
 佐々木蔵之介が悪の権化リチャードを冷酷な表情で演じた2017年10月の公演録画(東京芸術劇場)。ルーマニアの巨匠シルヴィウ・プルカレーテによる演出は恐ろしいほど血と暴力に満ちている

 

・サイモン・スティーブンス 

 『FORTUNE』 

 『夜中に犬に起こった奇妙な事件』の劇作家にる日本発の最新作。悪魔と契約を交わすファウスト伝説の現代版。森田剛、吉岡里帆、田畑智子出演。

 1/13(月)〜2/2(日)

  会場:東京芸術劇場 (長野・大阪・福岡でも上演)

  公式サイト (パルコ) 

 

・オスカー・ワイルド 

 『まじめが肝心』

 19世紀の傑作喜劇を現代風にアレンジ。

  1/24(金)〜30(木) 恵比寿・エコー劇場

  (文化庁海外研修の成果公演) 公式サイト

  

ダンカン・マクミラン & ジョニー・ドナヒュー

 『エブリ・ブリリアント・シング

  〜ありとあらゆるステキなこと〜

 佐藤隆太による観客参加型の一人芝居。新潟・松本・名古屋・大阪・高知でも公演。

  1/25(土)〜2/5(水) 東京芸術劇場

  公式サイト

 

Image result for まじめが肝心

   Image result for fortune 演劇

   

 


 

(2月)

 

・アーサー・ミラー 

 『彼らもまた、わが息子』

 軍事需要で財を成した父親の罪とは…。

ミラーが代表作『セールスマンの死』の2年前に発表した、もうひとつのアメリカン・ドリーム破綻劇。

 2/7(金)〜15(土) 俳優座劇場

  俳優座劇場プロデュース

 

・ウィリアム・シェイクスピア

 『ヘンリー八世』

 ヘンリー八世(阿部寛)は王妃キャサリン(宮本裕子)に仕え女官アン・ブリンに魅せられて、婚裁判を起こす。

 王は信頼している枢機卿ウルジー(吉田鋼太郎=演出)に協力を求めるが…

 2/14(金)〜31(日) 彩の国さいたま芸術劇場

   ホリプロ (共同制作)

 

ブランデン・ジェイコブズ・ジェンキンス 

 『グロリア』

 雑誌編集室のこじれた人間模様を描いたピューリッツア賞候補作。小田島恒志・則子翻訳。

 2/27(木)〜3/8(日) 赤坂RED/THEATER

  劇団ワンツーワークス

 

・サム・メンデス演出 

 「リーマン・トリロジー」

 あのリーマン・ショックの投資家、リーマン一家三世代にわたる大河ドラマ。イタリアのラジオ・ドラマを基にしたベン・パワーの台本を映画『1917 命をかけた伝令』の監督、演出家のサム・メンデスが演出。トリロジー(三部構成)の形で各世代の話が語られていく。わずか3人の俳優が、ナレーションを含めて各時代のすべての役を老若男女を問わず演じていくスタイルが絶妙なユーモアと深い味わいを生み出しており、アメリカの近現代の資本主義社会を俯瞰的に見たドラマとしても秀逸である。上映時間が2回の休憩を含む3時間50分という大作でありながら、見事な演技と演出、そして登場人物と場面の呼吸にリンクされたピアノの演奏が、決して観客を飽きさせることはない。ナショナル・シアター・ライブの中でも必見の舞台と言える傑作。

 2/14(金)〜2/20(木)

  ナショナル・シアター・ライブ 

   (英国公演の映像上映シリーズ)

 

  

  

 

 2月にはシェイクスピア関連作、翻案劇も上演される

 

・『天保十二年のシェイクスピア』

 2/8(土)〜29(土) 日生劇場

 シェイクスピアの全作を江戸末期の物語に描きこんだ井上ひさしの傑作音楽劇。

 

・『泣くロミオと怒るジュリエット』 

 2/8(土)〜3/4(水) シアターコクーン

 鄭義信がオールメール&関西弁で挑む『ロミオとジュリエット』の翻案。

 桐山照史、柄本時生出演。

 


 

(3月)

 

・リチャード・カリノスキー 

 『月の獣

 昨年12月に上演された栗山民也演出作が早くもテレビ放送。アメリカに移住してきたアルメニア人の夫婦の物語を第一次世界大戦中に起こったアルメニア人迫害を背景に描く。眞島秀和、岸井ゆきの主演。

 3/1(日) NHK-BSプレミアム 深夜24:00〜

  舞台「月の獣」公式ホームページ

 

・ウィリアム・シェイクスピア

 『十二夜』 公演一部中止

 シェイクスピア喜劇の演出が大好評の劇作家・演出家、青木豪台本・演出。出演者全員男性で演じられる爆笑恋愛喜劇。

  3/6(金)〜22(日) 会場:本多劇場

  公式サイト (ワタナベエンターテインメント)

 

・フィービー・ウォーラー=ブリッジ 

 「フリーバッグ」

 アマゾンで配信中の人気ドラマはこの舞台から生まれた。

 3/13(金)〜 TOHOシネマズ日本橋ほか

  ナショナル・シアター・ライブ 

   (英国公演の映像上映シリーズ)

 

・ピーター・シェーファー 

 『ピサロ』

 『エクウス』(1973)、『アマデウス』(79)等で知られるピーター・シェーファー(1926-2016)の作品(64)。渡辺謙がペルーのインカ帝国の国王を演じる。

 3/13(金)〜4/20(月) 公演一部中止

  会場:PARCO劇場

  PARCO

 

・ウィリアム・シェイクスピア 

 『マクベスの悲劇』

 俳優座の稽古場に本水を使った野心的な三面舞台で、野心的なマクベスの悲劇が上演される。

 3/15(日)〜31(火) 会場:俳優座5階稽古場

  劇団俳優座

 

 

     

 


 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

contents

  

    演劇学部推薦公演(2019年秋期)

   

  

    映画学部推薦作品(2019年秋期)

   

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と

演劇を幅広く紹介、解説、研究する

オンライン上の教育・文化活動です。

文部科学省の認可は受け ていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  



  

   <3月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

  

New

・ シネマグランプリ2019

   ノミネート・受賞の発表

            (2020/3/1)

New

・ 英米演劇大賞2019

   優秀賞・最優秀賞の発表

            (2020/3/1)

Update

・ 主要映画賞候補作

   公開スケジュール(2020)

              (2020/2/18)

Update

・ 2020年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  現時点でのベスト3は

  .僖薀汽ぅ函身消浪爾硫搬

  1997 命をかけた伝令

  フォードvsフェラーリ

                 (2020/3/1)

Update

・ 2020年英米演劇上演予定

             (2020/2/18)

Update

・ 2019年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  ベスト3は

  .献隋璽ー

  ▲▲戰鵐献磧璽/エンドゲーム

  スパイダーマン:スパイダーバース

                 (2020/2/18)

  

・  映画レポート・Netflix

      オリジナル作品

  『アイリッシュマン』『マリッジ・ストーリー』と関連作品をレポート対象作として追加しました。

            (19/11/17)

  

・ 

      「アナと雪の女王」

    (演技コース参考動画)

            (19/11/16)

  

・ 

   「グレイテスト・ショーマン」

    (演技コース参考動画)

             (19/11/10)

  

 文京学院大学・特別講座

     を紹介します。

・  映画を学ぶ、映画で学ぶ

  (講師:桑子順子ほか/10月2日より)

・  映画を研究しよう!

  (講師:広川治ほか/10月19日土曜)

・  カウボーイとジェンダー

  (講師:塚田幸光/11月15日金曜)

             (19/9/29)

  

・ 2019年 秋期

      観劇レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/16)

  

・ 2019年 秋期

      映画レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/15)

  

・ 2019年英米演劇上演予定

             (19/8/8)

 

・ 『英国万歳!』で

     朗読される

     『リア王』の名場面

     が掲載されました。

             (19/5/31)

 

・ 『英国万歳!』

   〜登場人物・物語の解説

     が掲載されました。

             (19/5/30)

 

・ ミュージカル

   She Loves Me のすべて

     が掲載されました。

             (19/5/5)

 

・ 映画学部主催の新講座

   アカデミー賞と

     アメリカ映画の歴史

     講座内容・予定が

     発表されました。

             (19/5/1)

 

・ オンライン映画演劇大学

     英米演劇大賞2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ オンライン映画演劇大学

     シネマグランプリ2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

 

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

 


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

<過去の主要記事・講座>

  

     【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

・ 講座概要・予定

・ 第1回  シェイクスピアって

                 ヤバくない?

・ 第2回  恋人たちの

                 シェイクスピア

・ 第3回  軍隊で

            シェイクスピア?

・ 第4回  アクション・スター

            がハムレット

・ 第5回  俳優たちの

                 『ハムレット』

・ 第6回  国王のための

                 名せりふ

・ 第7回  宇宙の彼方の

                 シェイクスピア

  




  

     【アメリカ演劇学科】

  

・  『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

・  アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

・ 講座概要

・ 作品リスト

・ 映画リスト

・ 第1回入門編

・ 第2回 『カム・ブロー・

              ユア・ホーン』

・ 第3回 『はだしで散歩』

・ 第4回 『おかしな二人』

・ 第5回

    『スウィート・チャリティ』

 原作: 映画『カビリアの夜』

          初演(1966年)

映画『スウィート・チャリティ』

                   *

・ 第6回 映画 『紳士泥棒

          大ゴールデン作戦』

・ 第7回 『星条旗娘』

・ 第8回 『プラザ・スイート』

・ 第9回 『浮気の終着駅』

・ 第10回 『ジンジャー

               ブレッド・レディ』

  




  

     【イギリス演劇学科】

  

・  ワイルド流喜劇のレシピ

      オスカー・ワイルド

      『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る

         『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・    『ローゼンクランツと

ギルデンスターンは死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

    『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映画学部・映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

   『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

      (2020年3月)

  

          グロリア

    (赤坂レッドシアター)

作: ブランデン・

     ジェイコブ-ジェンキンス

翻訳: 小田島恒志・則子

演出: 古城十忍

  


  

     リーマン・トリロジー

         (NT Live)

原作:ステファノ・マッシーニ

翻訳: ベン・パワー

演出: サム・メンデス

主演: サイモン・ラッセル・

          ビール

       (3/6 一夜限定)

       (3/7〜13)

     

  


  

           ピサロ

      (PARCO劇場)

作: ピーター・シェーファー

翻訳: 伊丹十三

演出: ウィル・タケット

主演: 渡辺謙

        (3/13〜4/20)

  


  

       マクベスの悲劇

    (俳優座劇場5F稽古場)

作: ウィリアム・

         シェイクスピア

翻訳: 近藤弘幸

演出: 森 一

        (3/15〜31)

  


  

 PageTop▲

  

 映画学部推薦作品 (新作)

  

 (2018年洋画推薦作品)

   


  

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

  



  

 (2019年洋画推薦作品)

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

 『女王陛下のお気に入り』

   2/15〜  公式サイト

 (2019年3月推薦作品)

 『グリーンブック』

   3/1〜  公式サイト

 『COLD WAR

      あの歌、2つの心』

   6/28〜  公式サイト

 『シークレット・

      スーパースター』

   8/9〜  公式サイト

  


  

 『ホテル・ムンバイ』

   9/27〜  公式サイト

 『ジョーカー』

   10/4〜  公式サイト

 『盲目のメロディ』

   11/15〜  公式サイト

 『アイリッシュマン』

   11/15〜  公式サイト

 『マリッジ・ストーリー』

   11/29〜  公式サイト

  



  

 (2020年1月推薦作品)

 『パラサイト/半地下の家族』

   1/10〜  公式サイト

 『ジョジョ・ラビット』

   1/17〜  公式サイト

  


  

 (2020年2月推薦作品)

 『ナイブズ・アウト

  名探偵と刃の館の秘密』

   1/31〜  公式サイト

 『1917 命をかけた伝令』

   2/14〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

   Music for Live Show

    (2019年10月)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM