2017年春期・主要映画作品情報 V

  • 2017.07.02 Sunday
  • 22:50

 

 

春期公開の映画情報のうち、I. アジア映画(セールスマン) M. 歴史・戦争映画より(ハクソー・リッジ)を紹介します。(2017年7月2日)


 

 

 2017年春期・主要映画作品情報 IV

     (テーマ・内容別)

 

 

      I. アジア映画より

 

 

      セールスマン

 

  原題: Forushande (The Salesman)

  (2016/イラン・フランス) 

  2017年6月10日公開

 

  ある夜の闖入者――

  たどり着いた真実は、

  憎悪か、それとも愛か――。

 

 

 

【解説】 

この春に発表されたアカデミー賞で外国語映画賞を受賞するなど、世界中で数々の受賞に輝いた傑作。アパートで侵入者に襲われた妻の犯人を捜す教師の疑念と怒り、妻の悲しみと暴走する夫への不安、謎の人物の行動と悔悟…。イランのテヘランを舞台に様々な登場人物の予断を許さない行動と心理がサスペンスたっぷりに描かれ、観る者の感情を揺さぶり続ける。数年前、ヒュー・ジャクマン主演、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『プリズナーズ』という作品があった。失踪した娘を必死に捜す父親が暴力的な野獣のような存在に変容していく姿(ウルヴァリンではありません)が恐ろしい映画だったが、『セールスマン』の場合、観客は一見沈着冷静に見える主人公と共に行動させられ、困惑、とまどいを共有し、衝撃的なクライマックスでは共に葛藤し、苦しまざるを得ない。アスガー・ファハルディ監督の手腕と本作品でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したシャハブ・ホセイニの的確な演技を讃えたい。

 

【物語】

 教師のエマッドは妻ラナとともに小さな劇団に所属し、上演を間近に控えたアーサー・ミラー原作の舞台「セールスマンの死」の稽古に忙しい。思いがけないことで住む家を失った夫婦は、劇団仲間が紹介してくれたアパートに移り住むことにする。慌ただしく引っ越し作業を終え、「セールスマンの死」の初日を迎えた夜、事件が起こった。ひと足早く劇場から帰宅したラナが侵入者に… 続き・予告編は公式サイトへ

 

【監督・脚本】 

 アスガー・ファハルディ

 〈代表作〉

 『別離』 (アカデミー賞外国語映画賞受賞)

 『ある過去の行方』

 

【出演】

 シャハブ・ホセイニ (エマッド・エテサミ)

 〈代表作〉

 『彼女が消えた浜辺』

 『別離』

 

 タラネ・アリシュスティ (ラナ・エテサミ)

 〈代表作〉

 『彼女が消えた浜辺』

 

【受賞】

 アカデミー賞受賞(外国語映画賞)

 カンヌ国際映画祭受賞(男優・脚本)

 ゴールデングローブ・ノミネート(外国語映画賞)

 

IMDb評価】  2017/07/02

 User Review

  8.0/10

 Metascore (Critics)

  85/100

 

 


 

 

      M. 歴史・戦争映画より 

 

 

     ハクソー・リッジ

 

  原題: Hacksaw Ridge

  (2016/オーストラリア・アメリカ) 

  2016年6月24日公開

 

  世界一の臆病者が、

  英雄になった理由とは――

 

 

 

【解説】

『西部戦線異状なし』(第1次世界大戦)、『プラトーン』(ベトナム戦争)、『プライベート・ライアン』(第2次世界大戦)などのように、戦場の地獄絵図をダイナミックに描きながら、兵士たちの苦悩や失われていく命のはかなさ、尊さを訴える反戦映画の傑作。ただし死体だらけの戦場のリアルな描写は、同じアンドリュー・ガーフィールド主演の『沈黙』の拷問場面のようにかなり痛々しくショッキングなものなので、グロテスクな場面に不慣れな者は覚悟のうえで観た方がいいだろう。武器を手にすることを拒否し、戦場で衛生兵として多くの兵士の命を救った主人公と聞いて、何か理想主義的なヒューマニズムを謳っているだけの作品と白けてしまう人もいるかもしれない。しかし物語は作り事ではなく、実話に基づいているのだから、生と死を前にした人間の奇跡は否定しようがない。アカデミー賞で作品・監督・主演男優賞などの候補になり、技術部門でオスカーを獲得しているが、主要部門での受賞(特にアンドリュー・ガーフィールドの熱演など)があってもおかしくなかった。

 

【物語】

 ヴァージニア州の豊かな緑に囲まれた町で生まれ育ったデズモンド・ドスは、元気に野山を駆け回る少年だったが、家族に問題を抱えていた。父親のトム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は、兵士として戦った第1次世界大戦で心に傷を負い、酒におぼれ、母バーサ(レイチェル・グリフィス)とのケンカがたえない日々を送っていた。
月日は流れ、成長したデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、看護師のドロシー・シュッテ(テリーサ・パーマー)と恋におち、心躍る時を過ごしていた。だが、第2次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの弟も周りの友人たちも次々と出征する。そんな中、子供時代の苦い経験から、「汝、殺すことなかれ」という教えを大切にしてきたデズモンドは
詳細・予告編は公式サイトへ

 

【監督】 

 メル・ギブソン

 〈代表作〉

 『マッドマックス』 <俳優>

 『ブレイブハート』<監督・主演>

  (アカデミー賞作品・監督賞ほか受賞)

 『パッション』<監督>

 『アポカリプト』<監督>

 

【出演】

 アンドリュー・ガーフィールド (デズモンド・ドス)

 〈代表作〉

 『BOY A』

 『ソーシャル・ネットワーク

  (ゴールデン・グローブ助演男優賞候補)

 『わたしを離さないで』

 『アメイジング・スパイダーマン』

 『アメイジング・スパイダーマン2』

 『沈黙 -サイレンス-』

 

 サム・ワーシントン (グローヴァー大尉)

 〈代表作〉

 『アバター』

 『タイタンの戦い』

 『崖っぷちの男』

 

 ヒューゴ・ウィーヴィング (父親トム・ドス)

 〈代表作〉

 『マトリックス』 (エージェント・スミス)

 『ロード・オブ・ザ・リング』(エルロンド)

 『V・フォー・ヴェンデッタ』(V)

 

【受賞】

  アカデミー賞ノミネート

 (作品・監督・主演男優・音響編集)

 アカデミー賞受賞

 (編集・音響調整賞)

 ゴールデングローブ賞ノミネート

 (作品・監督・主演男優賞)

 

IMDb評価】  2017/09/02

 User Review

  8.2/10

 Metascore (Critics)

  71/100

 

 


 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

contents

  

   演劇学部推薦公演(2020年春期)

  

   映画学部推薦作品(2020年春期)

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と演劇を幅広く紹介、解説、研究するオンライン上の教育・文化活動です。文部科学省の認可は受けていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  

  【シェイクスピア学科】

       (講師: 広川治)

  

   【アメリカ演劇学科】

     (講師: 小島真由美)

  

   【映像文化学科】

アカデミー賞と

アメリカ映画の歴史

     (公開講座準備中)

  



  

   <5月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

  

New

・ 「Barber Shop Chronicles」がNational Theatre at Homeで、5/15より1週間配信されています。詳細は解説ページを参照してください。

                 (2020/5/9)

  

New

・ 映画レポート・作品リスト

     (テーマ別)が発表され

     ました。

                 (2020/4/26)

  

New

・ 第1回アカデミー賞

     (1927−28年)

     女優賞ノミネート

     『港の女』

  〜映像文化学科講座〜

「アカデミー賞とアメリカ映画の歴史」資料7

                 (2020/4/18)

  

New

・ 第1回アカデミー賞

     (1927−28年)

     監督賞ノミネート

     『群衆』

  〜映像文化学科講座〜

「アカデミー賞とアメリカ映画の歴史」資料6

                 (2020/4/16)

  

New

・ 第1回アカデミー賞

     (1927−28年)

     男優賞ノミネート

     『サーカス』

  〜映像文化学科講座〜

「アカデミー賞とアメリカ映画の歴史」資料5

                 (2020/4/14)

  

New

・ 第1回アカデミー賞

     (1927−28年)

     芸術作品賞受賞

     『サンライズ』

  〜映像文化学科講座〜

「アカデミー賞とアメリカ映画の歴史」資料4

                 (2020/4/12)

  

New

・ 第1回アカデミー賞

     (1927−28年)

     女優賞・監督賞受賞

     『第七天国』

  〜映像文化学科講座〜

「アカデミー賞とアメリカ映画の歴史」資料3

                 (2020/4/10)

  

New

・ 第1回アカデミー賞

 (1927-28年)男優賞受賞

     『最後の命令』

  〜映像文化学科講座〜

「アカデミー賞とアメリカ映画の歴史」資料2

                 (2020/4/10)

  

New

・ 第1回アカデミー賞

 (1927-28年)作品賞受賞

     『つばさ』(Wings)

  〜映像文化学科講座〜

「アカデミー賞とアメリカ映画の歴史」資料1

                 (2020/4/9)

  

New

・ National Theatre

     at home 配信予定

 〜英国より世界に配信〜

                 (2020/4/3)

  

・ 『サンシャイン・ボーイズ』

    (ニール・サイモン作)

                 (2020/3/15)

  


  

Update

・ 2020年 IMDb

     外国映画ランキング

  (資料作成:今村直樹)

  現時点でのベスト3は

  .僖薀汽ぅ函身消浪爾硫搬

  1997 命をかけた伝令

  フォードvsフェラーリ

                 (2020/4/3)

  

・ 2020年英米演劇上演

         ラインアップ

             (2020/4/2)

  


  

・ シネマグランプリ2019

   ノミネート・受賞の発表

            (2020/3/1)

  

・ 英米演劇大賞2019

   優秀賞・最優秀賞の発表

            (2020/3/1)

  

・ 2019年 IMDb

     外国映画ランキング

  (資料作成: 今村直樹)

                 (2020/2/18)

  


  

・ 

     アナと雪の女王

    (演技コース参考動画)

            (19/11/16)

  

・ 

   グレイテスト・ショーマン

    (演技コース参考動画)

             (19/11/10)

 


  

・ 2019年 秋期

    観劇レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/16)

  

・ 2019年 秋期

    映画レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/15)

  

・ 2019年英米演劇上演

         ラインアップ

             (19/8/8)

 


 

・ 『英国万歳!』で

     朗読される

     『リア王』の名場面

     が掲載されました。

             (19/5/31)

 

・ 『英国万歳!』

 〜登場人物・物語の解説

     が掲載されました。

             (19/5/30)

 

・ ミュージカル

 She Loves Me のすべて

     が掲載されました。

             (19/5/5)

 

・ 映画学部主催の新講座

   アカデミー賞と

   アメリカ映画の歴史

     講座内容・予定が

     発表されました。

             (19/5/1)

  


  

・ 英米演劇大賞2018

    (受賞作・受賞者の発表)

  

・ シネマグランプリ2018

 (受賞作・受賞者の発表)

  

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

  

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

 


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

 【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

 講座概要・予定

 第1回  シェイクスピア

      ってヤバくない?

 第2回  恋人たちの

     シェイクスピア

 第3回  軍隊で

      シェイクスピア?

 第4回 アクション・スターがハムレット

 第5回  俳優たちの『ハムレット』

 第6回  国王のための

     名せりふ

 第7回  宇宙の彼方の

      シェイクスピア

  




  

   【アメリカ演劇学科】

  

 『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

 アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

 講座概要

 作品リスト

 映画リスト

 第1回入門編

 第2回 『カム・ブロー・

         ユア・ホーン』

 第3回 『はだしで散歩』

 第4回 『おかしな二人』

 第5回

『スウィート・チャリティ』

  映画『カビリアの夜』

  初演 (1966年)

  映画化 (1968年)

                   *

 第6回 映画 『紳士泥棒

      大ゴールデン作戦』

 第7回 『星条旗娘』

 第8回『プラザ・スイート』

 第9回 『浮気の終着駅』

 第10回 『ジンジャー

      ブレッド・レディ』

  




  

   【イギリス演劇学科】

  

・ オスカー・ワイルド

  『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る:『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・ 『ローゼンクランツと

   ギルデンスターンは

         死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

 『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

     (2020年3月〜)

  

     リーマン・トリロジー

         (NT Live)

原作:ステファノ・マッシーニ

翻訳: ベン・パワー

演出: サム・メンデス

主演: サイモン・ラッセル・

          ビール

       (3/6 一夜限定)

       (3/7〜13)

  


  

 National Theatre at Home

英国より世界に配信(4月〜)

  


  

 PageTop▲

  

 映画学部推薦作品 (新作)

  

 (2018年洋画推薦作品)

   


  

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

  



  

 (2019年洋画推薦作品)

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

 『女王陛下のお気に入り』

   2/15〜  公式サイト

 (2019年3月推薦作品)

 『グリーンブック』

   3/1〜  公式サイト

 『COLD WAR

      あの歌、2つの心』

   6/28〜  公式サイト

 『シークレット・

      スーパースター』

   8/9〜  公式サイト

  


  

 『ホテル・ムンバイ』

   9/27〜  公式サイト

 『ジョーカー』

   10/4〜  公式サイト

 『盲目のメロディ』

   11/15〜  公式サイト

 『アイリッシュマン』

   11/15〜  公式サイト

 『マリッジ・ストーリー』

   11/29〜  公式サイト

  



  

 (2020年1月推薦作品)

 『パラサイト

      半地下の家族』

   1/10〜  公式サイト

 『ジョジョ・ラビット』

   1/17〜  公式サイト

  


  

 (2020年2月推薦作品)

 『ナイブズ・アウト

  名探偵と刃の館の秘密』

   1/31〜  公式サイト

 『1917 命をかけた伝令』

   2/14〜  公式サイト

  


  

 (2020年3月推薦作品)

 『黒い司法

     0%からの奇跡』

   2/28〜  公式サイト

 『ジュディ 虹の彼方に』

   3/6〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

   Music for Live Show

    (2019年10月)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM