シネマグランプリ・エントリー (日本映画編)

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 22:35

2017年公開の新作映画を対象としたシネマグランプリの日本映画編です。外国映画編・第1次エントリーと同じように、主要な映画賞のノミネート・受賞の結果から作品や映画人のリストを作り、これをエントリーとします。日本映画編の場合はエントリー発表の3月3日に最終ノミネート作品、受賞者をまとめて発表します。(2018年2月6日/今村直樹)


 

 

   オンライン映画演劇大学

   シネマグランプリ 2017

    日本映画編エントリー

   〜国内で評価された作品、映画人〜

 

  国内の主要な映画賞ノミネーションより

 

  • 2017年に公開された日本映画から、国内の主要な映画賞でノミネートされた、または受賞した作品、俳優、スタッフをリストアップしました。各部門はオンライン映画演劇大学シネマグランプリ2017・日本映画編のエントリーになります。
  • 複数の映画賞でノミネートされていても、最初にリストアップした時のみ掲載しています。ですからこのリストが正確な各映画賞、映画祭のノミネート、受賞記録ではないので注意してください。
  • オンライン映画演劇大学(映画学部推薦)の項目は、ノミネートされなかった作品、俳優、スタッフからエントリーに値するものを付け加えたものです。(今村直樹)

 

    (リストアップの順番)

  • キネマ旬報ベストテン
  • 毎日映画コンクール
  • ブルーリボン賞
  • 報知映画賞
  • 日刊スポーツ映画大賞
  • 東京スポーツ映画大賞
  • ヨコハマ映画祭
  • 日本アカデミー賞
  • オンライン映画演劇大学(映画学部推薦)

 

 【部門】

  作品賞

  監督賞

  主演男優賞

  主演女優賞

  助演男優賞

  助演女優賞

  脚本賞

 

  外国映画編・主要部門/第1次ノミネーション

 

  外国映画編・スタッフ部門/第1次ノミネーション

 

 


 

 

<作品賞>

 

 キネマ旬報ベストテンより

 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

 花筐/HANAGATAMI

 あゝ、荒野

 幼な子われらに生まれ

 散歩する侵略者

 バンコクナイツ

 彼女の人生は間違いじゃない

 三度目の殺人

 彼女がその名を知らない鳥たち

 彼らが本気で編むときは、

キネマ旬報/読者のベストテンより

 忍びの国

 ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

 帝一の國

ブルーリボン賞より
 アウトレイジ最終章
 君の膵臓をたべたい
 愚行録

 3月のライオン
 関ヶ原
 追憶
 探偵はBARにいる3
 火花
 ミックス。

 22年目の告白 私が殺人犯です

 笑う招き猫

 キセキ ―あの日のソビト―

 光(大森立嗣監督)

報知映画賞より

 光(河瀬直美監督)

 海辺の生と死
 Ryuichi Sakamoto:CODA

ヨコハマ映画祭ベストテンより

 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

日本アカデミー賞より

 ナミヤ雑貨店の奇蹟

 花戦さ

<監督賞>

 

キネマ旬報ベストテン

 大林宣彦 (花筐 HANAGATAMI)

キネマ旬報読者選出ベストテン
 岸善幸 (あゝ荒野)

毎日映画コンクール

 石井裕也 (夜空はいつでも最高密度の青色だ)

 荻上直子 (彼らが本気で編むときは、)

 富田克也 (バンコクナイツ)

 三島有紀子 (幼な子われらに生まれ)

ブルーリボン賞

 北野武 (アウトレイジ最終章)
 是枝裕和 (三度目の殺人)
 白石和彌 (彼女がその名を知らない鳥たち)

 原田眞人 (関ヶ原)

報知映画賞

 石川慶 (愚行録)
 河瀬直美 (光)
 三池崇史 (無限の住人)
 行定勲 (ナラタージュ)

日刊スポーツ映画大賞

 降旗康男 (追憶)

東京スポーツ映画大賞

 阪本順治 (エルネスト もう一人のゲバラ)

日本アカデミー賞

 篠原哲雄 (花戦さ)

 廣木隆一 (ナミヤ雑貨店の奇蹟)

 

<主演男優賞>


キネマ旬報 (上位5人)

 菅田将暉 (あゝ、荒野)

 浅野忠信 (幼な子われらに生まれ)

 生田斗真 (彼らが本気で編むときは、)

 オダギリジョー (エルネスト もう一人のゲバラ)

 池松壮亮 (映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ)

ブルーリボン賞
 阿部サダヲ (彼女がその名を知らない鳥たち)

 岡田准一 (追憶/関ケ原)

 妻夫木聡 (愚行録ほか)
 永瀬正敏 (光)

報知映画賞

 大野智 (忍びの国)
 神木隆之介 (3月のライオン)
 木村拓哉 (無限の住人)

 桐谷健太 (火花)
 二宮和也 (ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜)

日刊スポーツ映画大賞

 福山雅治 (三度目の殺人)
 小栗旬 (銀魂)

東京スポーツ映画大賞

 ビートたけし (アウトレイジ 最終章)

日本アカデミー賞

 大泉洋 (探偵はBARにいる3)

 佐藤健 (8年越しの花嫁 奇跡の実話)

 藤原竜也 (22年目の告白−私が殺人犯です−)


<主演女優賞>


キネマ旬報 (投票上位5人)

 蒼井優 (彼女がその名を知らない鳥たち)

 石橋静河 (映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ)
 瀧内公美 (彼女の人生は間違いじゃない)

 長澤まさみ (散歩する侵略者)

 水原希子 (奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール)

毎日映画コンクール

 満島ひかり (海辺の生と死)

ブルーリボン賞

 有村架純 (ナラタージュ)
 上戸彩 (昼顔)
 広瀬すず
(チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話)

 新垣結衣 (ミックス。)

日刊スポーツ映画大賞

 浜辺美波 (君の膵臓をたべたい)

東京スポーツ映画大賞

 高畑充希 (DESTINY 鎌倉ものがたり)

日本アカデミー賞

 土屋太鳳 (8年越しの花嫁 奇跡の実話)

 吉高由里子 (ユリゴコロ)

オンライン映画演劇大学(映画学部推薦)

 スベンジャ・ポンコン (バンコクナイツ)


<助演男優賞>
キネマ旬報 (上位4人)

 ヤン・イクチョン (あゝ、荒野)

 桐谷健太 (彼らが本気で編むときは、)

 長谷川博己 (散歩する侵略者)

 役所広司 (三度目の殺人/関ケ原)

毎日映画コンクール

 西田敏行 (アウトレイジ 最終章/ナミヤ雑貨店の奇蹟)

 松坂桃李 (彼女がその名を知らない鳥たち)

 ユースケ・サンタマリア (あゝ、荒野)

ブルーリボン賞

 小栗旬 (追憶ほか)

報知映画賞

 伊藤英明 (3月のライオン)
 工藤阿須加 (ちょっと今から仕事やめてくる)
 宮藤官九郎 (幼な子われらに生まれ)
 佐々木蔵之介 (3月のライオン/花戦さ)
 鈴木亮平 (忍びの国)
 平岳大 (関ケ原)

日刊スポーツ映画大賞

 綾野剛 (ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜)

東京スポーツ映画大賞

 満島真之介 (花筐 HANAGATAMI)

ヨコハマ映画祭

 塩見三省 (アウトレイジ 最終章)

日本アカデミー賞

 西村雅彦 (家族はつらいよ2)

 松田龍平 (探偵はBARにいる3)

 村上虹郎 (武曲 MUKOKU)

オンライン映画演劇大学(映画学部推薦)

 田中哲司 (夜空はいつでも最高密度の青色だ)

 中嶋しゅう (彼女がその名を知らない鳥たち)

 竹野内豊 (彼女がその名を知らない鳥たち/ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜)

 伊勢谷友介 (忍びの国)

 高橋和也 (あゝ、荒野)


<助演女優賞>


キネマ旬報 (投票上位3人)

 田中麗奈 (幼な子われらに生まれ)

 木下あかり (あゝ、荒野)

 草刈民代 (月と雷)

毎日映画コンクールより

 木村文乃 (火花)

 筒井真理子 (ANTIPORNO)

 橋本愛 (美しい星)

 広瀬すず (三度目の殺人)

ブルーリボン賞

 斉藤由貴 (三度目の殺人)

 伊藤歩 (昼顔ほか)

 黒木華 (ちょっと今から仕事やめてくる他)

報知映画賞

 蒼井優 (ミックス。他)
 有村架純 (関ケ原/3月のライオン)
 石原さとみ (忍びの国)
 杉咲花 (無限の住人)
 永野芽郁 (帝一の國/ピーチガール/ミックス。)

日刊スポーツ映画大賞

 尾野真千子 (ナミヤ雑貨店の奇蹟)

 小池栄子 (彼らが本気で編むときは、他)

 北川景子 (探偵はBARにいる3ほか)

 夏川結衣 (家族はつらいよ2)

東京スポーツ映画大賞

 安藤サクラ (追憶)

 橋本環奈 (銀魂)

 満島ひかり (愚行録)

ヨコハマ映画祭

 臼田あさ美 (愚行録)

 松本若菜 (愚行録)

日本アカデミー賞

 薬師丸ひろ子 (8年越しの花嫁 奇跡の実話)

オンライン映画演劇大学(映画学部推薦)

 中条あやみ (チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話)

 天海祐希 (チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話)

 南沙良 (幼な子われらに生まれ)

 寺島しのぶ (幼な子われらに生まれ)

 柿原りんか (彼らが本気で編むときは、)

 田中美佐子 (彼らが本気で編むときは、)

 木村多江 (あゝ、荒野)

 

<脚本賞>

 

キネマ旬報 (上位6人)

 石井裕也 (夜空はいつでも最高密度の青色だ)

 荒井晴彦 (幼な子われらに生まれ)

 港岳彦、岸善幸 (あゝ、荒野)

 是枝裕和 (三度目の殺人)

 荻上直子 (彼らが本気で編むときは、)

 山田洋次、平松恵美子 (家族はつらいよ2)

毎日映画コンクール

 入江悠 (ビジランテ)

日本アカデミー賞

 斉藤ひろし (ナミヤ雑貨店の奇蹟)

 森下佳子 (花戦さ)

 吉田智子 (君の膵臓をたべたい)

オンライン映画演劇大学 (映画学部推薦)

 浅野妙子 (彼女がその名を知らない鳥たち)

 

 → 外国映画編・第1次エントリー

 

 


     

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

contents

  

    演劇学部推薦公演(2019年秋期)

   

  

    映画学部推薦作品(2019年秋期)

   

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と

演劇を幅広く紹介、解説、研究する

オンライン上の教育・文化活動です。

文部科学省の認可は受け ていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  



  

   <3月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

  

New

・ シネマグランプリ2019

   ノミネート・受賞の発表

            (2020/3/1)

New

・ 英米演劇大賞2019

   優秀賞・最優秀賞の発表

            (2020/3/1)

Update

・ 主要映画賞候補作

   公開スケジュール(2020)

              (2020/2/18)

Update

・ 2020年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  現時点でのベスト3は

  .僖薀汽ぅ函身消浪爾硫搬

  1997 命をかけた伝令

  フォードvsフェラーリ

                 (2020/3/1)

Update

・ 2020年英米演劇上演予定

             (2020/2/18)

Update

・ 2019年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  ベスト3は

  .献隋璽ー

  ▲▲戰鵐献磧璽/エンドゲーム

  スパイダーマン:スパイダーバース

                 (2020/2/18)

  

・  映画レポート・Netflix

      オリジナル作品

  『アイリッシュマン』『マリッジ・ストーリー』と関連作品をレポート対象作として追加しました。

            (19/11/17)

  

・ 

      「アナと雪の女王」

    (演技コース参考動画)

            (19/11/16)

  

・ 

   「グレイテスト・ショーマン」

    (演技コース参考動画)

             (19/11/10)

  

 文京学院大学・特別講座

     を紹介します。

・  映画を学ぶ、映画で学ぶ

  (講師:桑子順子ほか/10月2日より)

・  映画を研究しよう!

  (講師:広川治ほか/10月19日土曜)

・  カウボーイとジェンダー

  (講師:塚田幸光/11月15日金曜)

             (19/9/29)

  

・ 2019年 秋期

      観劇レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/16)

  

・ 2019年 秋期

      映画レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/15)

  

・ 2019年英米演劇上演予定

             (19/8/8)

 

・ 『英国万歳!』で

     朗読される

     『リア王』の名場面

     が掲載されました。

             (19/5/31)

 

・ 『英国万歳!』

   〜登場人物・物語の解説

     が掲載されました。

             (19/5/30)

 

・ ミュージカル

   She Loves Me のすべて

     が掲載されました。

             (19/5/5)

 

・ 映画学部主催の新講座

   アカデミー賞と

     アメリカ映画の歴史

     講座内容・予定が

     発表されました。

             (19/5/1)

 

・ オンライン映画演劇大学

     英米演劇大賞2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ オンライン映画演劇大学

     シネマグランプリ2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

 

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

 


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

<過去の主要記事・講座>

  

     【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

・ 講座概要・予定

・ 第1回  シェイクスピアって

                 ヤバくない?

・ 第2回  恋人たちの

                 シェイクスピア

・ 第3回  軍隊で

            シェイクスピア?

・ 第4回  アクション・スター

            がハムレット

・ 第5回  俳優たちの

                 『ハムレット』

・ 第6回  国王のための

                 名せりふ

・ 第7回  宇宙の彼方の

                 シェイクスピア

  




  

     【アメリカ演劇学科】

  

・  『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

・  アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

・ 講座概要

・ 作品リスト

・ 映画リスト

・ 第1回入門編

・ 第2回 『カム・ブロー・

              ユア・ホーン』

・ 第3回 『はだしで散歩』

・ 第4回 『おかしな二人』

・ 第5回

    『スウィート・チャリティ』

 原作: 映画『カビリアの夜』

          初演(1966年)

映画『スウィート・チャリティ』

                   *

・ 第6回 映画 『紳士泥棒

          大ゴールデン作戦』

・ 第7回 『星条旗娘』

・ 第8回 『プラザ・スイート』

・ 第9回 『浮気の終着駅』

・ 第10回 『ジンジャー

               ブレッド・レディ』

  




  

     【イギリス演劇学科】

  

・  ワイルド流喜劇のレシピ

      オスカー・ワイルド

      『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る

         『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・    『ローゼンクランツと

ギルデンスターンは死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

    『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映画学部・映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

   『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

      (2020年3月)

  

          グロリア

    (赤坂レッドシアター)

作: ブランデン・

     ジェイコブ-ジェンキンス

翻訳: 小田島恒志・則子

演出: 古城十忍

  


  

     リーマン・トリロジー

         (NT Live)

原作:ステファノ・マッシーニ

翻訳: ベン・パワー

演出: サム・メンデス

主演: サイモン・ラッセル・

          ビール

       (3/6 一夜限定)

       (3/7〜13)

     

  


  

           ピサロ

      (PARCO劇場)

作: ピーター・シェーファー

翻訳: 伊丹十三

演出: ウィル・タケット

主演: 渡辺謙

        (3/13〜4/20)

  


  

       マクベスの悲劇

    (俳優座劇場5F稽古場)

作: ウィリアム・

         シェイクスピア

翻訳: 近藤弘幸

演出: 森 一

        (3/15〜31)

  


  

 PageTop▲

  

 映画学部推薦作品 (新作)

  

 (2018年洋画推薦作品)

   


  

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

  



  

 (2019年洋画推薦作品)

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

 『女王陛下のお気に入り』

   2/15〜  公式サイト

 (2019年3月推薦作品)

 『グリーンブック』

   3/1〜  公式サイト

 『COLD WAR

      あの歌、2つの心』

   6/28〜  公式サイト

 『シークレット・

      スーパースター』

   8/9〜  公式サイト

  


  

 『ホテル・ムンバイ』

   9/27〜  公式サイト

 『ジョーカー』

   10/4〜  公式サイト

 『盲目のメロディ』

   11/15〜  公式サイト

 『アイリッシュマン』

   11/15〜  公式サイト

 『マリッジ・ストーリー』

   11/29〜  公式サイト

  



  

 (2020年1月推薦作品)

 『パラサイト/半地下の家族』

   1/10〜  公式サイト

 『ジョジョ・ラビット』

   1/17〜  公式サイト

  


  

 (2020年2月推薦作品)

 『ナイブズ・アウト

  名探偵と刃の館の秘密』

   1/31〜  公式サイト

 『1917 命をかけた伝令』

   2/14〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

   Music for Live Show

    (2019年10月)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM