シネマグランプリ2017・第2次エントリー発表

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 16:30

「オンライン映画演劇大学・シネマグランプリ2017」の外国映画編・第2次エントリーのリストを発表します。主要映画賞のノミネート/受賞記録から選んだ第1次エントリーから各部門5〜10エントリーに絞ったリストです。外国映画編は2月下旬に最終ノミネーションの発表となります。各部門の受賞者は3月3日(土)に発表され、ノミネートされた作品や俳優の解説と選出理由などが掲載される予定です。日本映画編も日本映画編エントリーに引き続き、最終ノミネーションと受賞者の発表を3月3日に予定しています。(今村直樹・2月14日)


 

 

 【主要部門】

 

<作品賞:英米映画部門>

 

   ダンケルク

 ハクソー・リッジ    

 ドリーム

   ブレードランナー 2049

 美女と野獣

 ラ・ラ・ランド

 LION/ライオン 25年目のただいま〜   

 マンチェスター・バイ・ザ・シー

 女神の見えざる手

 パターソン

 

<作品賞:グローバル部門>

 

 婚約者の友人 (フランス)

 夜明けの祈り (フランス)

 おとなの事情 (イタリア)

 しあわせな人生の選択 (スペイン)

 ありがとう、トニ・エルドマン (ドイツ)

 

 きっと、いい日が待っている (デンマーク)

 サーミの血 (スウェーデン)

 笑う故郷 (アルゼンチン)

 エンドレス・ポエトリー (チリ)

 バーフバリ 伝説誕生 (インド)
 

 セールスマン (イラン)

 人生タクシー (イラン)

 立ち去った女 (フィリピン)

 空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜 (韓国)

 新感染 ファイナル・エクスプレス (韓国)

 

<監督賞>

 

 デイミアン・チャゼル (ラ・ラ・ランド)

 ドゥニ・ヴィルヌーヴ (メッセージ/ブレードランナー2049)

 メル・ギブソン (ハクソー・リッジ)

 クリストファー・ノーラン (ダンケルク)

 バリー・ジェンキンズ (ムーンライト)

 

 ジョーダン・ピール (ゲット・アウト)

 ジョシュ & ベニー・サフディ (グッド・タイム)

 ジム・ジャームッシュ (パターソン)

 ケン・ローチ (わたしは、ダニエル・ブレイク)

 アキ・カウリスマキ (希望のかなた)

 

 アレハンドロ・ホドロフスキー (エンドレス・ポエトリー)

 ラヴ・ディアス (立ち去った女)

 アスガー・ファルハディ (セールスマン)

 パク・チャヌク (お嬢さん)

 ナ・ホンジン (哭声/コクソン)

 

<主演男優賞>

 

 ケイシー・アフレック (マンチェスター・バイ・ザ・シー)

 アンドリュー・ガーフィールド (ハクソー・リッジ/沈黙-サイレンス-)

 ライアン・ゴズリング (ラ・ラ・ランド/ブレードランナー2049)

 ロバート・パティンソン (グッド・タイム)

 ダニエル・カルーヤ (ゲット・アウト)

 

 デヴ・パテル (LION/ライオン 〜25年目のただいま〜)

 ブルクハルト・クラウスナー

  (アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男)

 パオロ・バレステロス (ダイ・ビューティフル)

 クァク・ドウォン (哭声/コクソン)

 コン・ユ (新感染ファイナル・エクスプレス)

 

<主演女優賞>

 

 エマ・ストーン (ラ・ラ・ランド)

 ナタリー・ポートマン (ジャッキーファーストレディ 最後の使命)

 エイミー・アダムス (メッセージ/ノクターナル・アニマルズ)   

 ジェシカ・チャステイン (女神の見えざる手)

 タラジ・P・ヘンソン (ドリーム)

 

 イザベル・ユペール (エルELLE)  

 サンドラ・フラー (ありがとう、トニ・エルドマン)

 パウラ・ベーア (婚約者の友人)

 レーネ・セシリア・スパルロク (サーミの血)

 ユン・ヨジョン (バッカス・レディ)

 

<助演男優賞>

 

 マハーシャラ・アリ (ムーンライト) 

 ルーカス・ヘッジズ (マンチェスター・バイ・ザ・シー)

 ベニー・サフディ (グッド・タイム)

 パク・チョンミン (空と風と星の詩人)

 國村隼 (哭声/コクソン)

 

 マ・ドンソク (新感染 ファイナル・エクスプレス)

 クリスチャン・バブレス (ダイ・ビューティフル)

 ジョン・ロイド・クルズ (立ち去った女)

 イッセー尾形 (沈黙 -サイレンス-)

 窪塚洋介 (沈黙-サイレンス)

 

<助演女優賞>

 

 ナオミ・ハリス (ムーンライト)

 ニコール・キッドマン (LION/ライオン) 

 ミシェル・ウィリアムズ (マンチェスター・バイ・ザ・シー)

 エル・ファニング (20センチュリー・ウーマン)

 グレタ・ガーウィグ (20センチュリー・ウーマン)

 

 ヘイリー・スクワイアーズ (わたしは、ダニエル・ブレイク)

 アンナ・フォリエッタ (おとなの事情)

 ミカエラ・ラマッツォッティ (歓びのトスカーナ)

 キム・テリ (お嬢さん)

 チョン・ユミ (新感染 ファイナル・エクスプレス)

 

 

 

<ドキュメンタリー映画賞>

 

 ぼくと魔法の言葉たち

 ギフト 僕がきみに残せるもの

 すばらしき映画音楽たち

 ヨーヨーマと旅するシルクロード

 ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

 

 海は燃えているか 〜イタリア最南端の島〜

 リュミエール

 猫が教えてくれたこと

 ソニータ

 太陽の下で 北朝鮮の真実

 

<アニメーション映画賞>

 

 ブレンダンとケルズの秘密

 KUBO/2本の弦の秘密    

 モアナと伝説の海

 ゴッホ最期の手紙

 レゴバットマン ザ・ムービー

 


 

 【スタッフ部門】

 

<オリジナル脚本賞>

 

 マンチェスター・バイ・ザ・シー (ケネス・ロナーガン)

 ラ・ラ・ランド (デイミアン・チャゼル)

 ゲット・アウト (ジョーダン・ピール)

 ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

  (ノア・オッペンハイム)

 女神の見えざる手 (ジョナサン・ペレラ)

 

 20センチュリー・ウーマン (マイク・ミルズ)

 夜明けの祈り (サブリナ・B・カリーヌほか)

 おとなの事情 (パオロ・ジェノヴェーゼ)

 セールスマン (アスガー・ファルハディ )

 空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜

  (シン・ヨンシク)

 

<脚色賞>

 

 メッセージ (エリック・ハイセラー)   

 ドリーム (セオドア・メルフィ他)

 LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

   (ルーク・デイヴィス)   

 50年後のボクたちは (ファティ・アキン他)

 お嬢さん (パク・チャヌク他)

 

<撮影賞>

 

 ラ・ラ・ランド (ドリヌス・サンドグレン)                     

 ムーンライト (ジェームズ・ラクストン)   

 ブレードランナー2049 (ロジャー・ディーキンス)  

 ダンケルク (ホイテ・ヴァン・ホイテマ)

 ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

   (ステファーヌ・フォンテーヌ)

 

 沈黙 -サイレンス- (ロドリゴ・プリエト)

 婚約者の友人 (パスカル・マルティ)  

 夜明けの祈り (カロリーヌ・シャンプティエ)

 サーミの血 (ソフィア・オルソン他)

 お嬢さん (チョン・ジョンフン)

 

<美術賞>

 

 ラ・ラ・ランド

 美女と野獣

 ブレードランナー2049

 お嬢さん

 バーフバリ 伝説誕生

 

<衣装デザイン賞>

 

 ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

 ラ・ラ・ランド

 美女と野獣

 婚約者の友人

 エンドレス・ポエトリー

 

<編集賞>

 

 ハクソー・リッジ

 ラ・ラ・ランド

 ムーンライト

 ベイビー・ドライバー

 ダンケルク

 

 ゲット・アウト

 グッド・タイム

 きっと、いい日が待っている

 新感染 ファイナル・エクスプレス

 お嬢さん

 

<作曲賞>

 

 ラ・ラ・ランド (ジャスティン・ハーウィッツ)   

 LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

  (ダスティン・オハロラン/ハウシュカ)

 ムーンライト (ニコラス・ブリテル) 

 ダンケルク (ハンス・ジマー)

 メッセージ (ヨハン・ヨハンソン) 

 

 ブレードランナー 2049 (ハンス・ジマー他)

 婚約者の友人 (フィリップ・ロンビ)

 きっと、いい日が待っている (スーネ・マーチン)

 バーフバリ伝説誕生 (M・M・キーラヴァーニ)

 お嬢さん (チョ・ヨンウク)

 

<歌曲賞>  *既存の歌の使用も含む

 

 ラ・ラ・ランド“City of Stars”

 ラ・ラ・ランド“Audition (The Fools Who Dream)”

 ラ・ラ・ランド“Another Day of Sun”

 ラ・ラ・ランド“Someone in the Crowd”

 ラ・ラ・ランド“A Lovely Night”

 

 モアナと伝説の海“How Far I'll Go”

 美女と野獣“Evermore”

 はひとりじゃない

  〜“You'll Never Walk Alone”

    (歌) ジェリー&ザ・ペースメイカーズ

 立ち去った女“Somewhere”

 ありがとう、トニ・エルドマン“Greatest Love of All”

  

<視覚効果賞>

 

 スター・ウォーズ/最後のジェダイ

 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

 マイティ・ソー バトルロイヤル   

 ワンダーウーマン

 ブレードランナー 2049

 

 怪物はささやく

 キングコング:髑髏島の巨神

 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

 バーフバリ 伝説誕生

 新感染 ファイナル・エクスプレス

 

 


 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

contents

  

    演劇学部推薦公演(2019年秋期)

   

  

    映画学部推薦作品(2019年秋期)

   

  



  

オンライン映画演劇大学は映画と

演劇を幅広く紹介、解説、研究する

オンライン上の教育・文化活動です。

文部科学省の認可は受け ていませんが、実際の大学での授業と連携した情報や研究も掲載しています。

  



  

   <3月の推薦作品>

  ・ 演劇学部推薦公演

  ・ 映画学部推薦作品

  



  

     <新着記事・講座>

  

New

・ シネマグランプリ2019

   ノミネート・受賞の発表

            (2020/3/1)

New

・ 英米演劇大賞2019

   優秀賞・最優秀賞の発表

            (2020/3/1)

Update

・ 主要映画賞候補作

   公開スケジュール(2020)

              (2020/2/18)

Update

・ 2020年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  現時点でのベスト3は

  .僖薀汽ぅ函身消浪爾硫搬

  1997 命をかけた伝令

  フォードvsフェラーリ

                 (2020/3/1)

Update

・ 2020年英米演劇上演予定

             (2020/2/18)

Update

・ 2019年 IMDb

     外国映画ランキング

    (資料作成: 今村直樹)

  ベスト3は

  .献隋璽ー

  ▲▲戰鵐献磧璽/エンドゲーム

  スパイダーマン:スパイダーバース

                 (2020/2/18)

  

・  映画レポート・Netflix

      オリジナル作品

  『アイリッシュマン』『マリッジ・ストーリー』と関連作品をレポート対象作として追加しました。

            (19/11/17)

  

・ 

      「アナと雪の女王」

    (演技コース参考動画)

            (19/11/16)

  

・ 

   「グレイテスト・ショーマン」

    (演技コース参考動画)

             (19/11/10)

  

 文京学院大学・特別講座

     を紹介します。

・  映画を学ぶ、映画で学ぶ

  (講師:桑子順子ほか/10月2日より)

・  映画を研究しよう!

  (講師:広川治ほか/10月19日土曜)

・  カウボーイとジェンダー

  (講師:塚田幸光/11月15日金曜)

             (19/9/29)

  

・ 2019年 秋期

      観劇レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/16)

  

・ 2019年 秋期

      映画レポート対象作品

     が発表されました。

             (19/9/15)

  

・ 2019年英米演劇上演予定

             (19/8/8)

 

・ 『英国万歳!』で

     朗読される

     『リア王』の名場面

     が掲載されました。

             (19/5/31)

 

・ 『英国万歳!』

   〜登場人物・物語の解説

     が掲載されました。

             (19/5/30)

 

・ ミュージカル

   She Loves Me のすべて

     が掲載されました。

             (19/5/5)

 

・ 映画学部主催の新講座

   アカデミー賞と

     アメリカ映画の歴史

     講座内容・予定が

     発表されました。

             (19/5/1)

 

・ オンライン映画演劇大学

     英米演劇大賞2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ オンライン映画演劇大学

     シネマグランプリ2018

    (受賞作・受賞者の発表)

 

・ 2018年 (第92回)

     キネマ旬報ベストテン

 

・ 2018年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

 


  

・ 2017年 IMDb

     外国映画ベストテン

    (資料作成: 今村直樹)

  




  

<過去の主要記事・講座>

  

     【シェイクスピア学科】

  

        (講師: 広川治)

・ 講座概要・予定

・ 第1回  シェイクスピアって

                 ヤバくない?

・ 第2回  恋人たちの

                 シェイクスピア

・ 第3回  軍隊で

            シェイクスピア?

・ 第4回  アクション・スター

            がハムレット

・ 第5回  俳優たちの

                 『ハムレット』

・ 第6回  国王のための

                 名せりふ

・ 第7回  宇宙の彼方の

                 シェイクスピア

  




  

     【アメリカ演劇学科】

  

・  『エンジェルス・イン・

       アメリカ  第1部』

      (解説: 篠山芳雄)

  

・  アーサー・ミラー

  『セールスマンの死』研究

  (講師: 篠山(ささやま)芳雄)

  


  

 

  (講師: 小島真由美)

・ 講座概要

・ 作品リスト

・ 映画リスト

・ 第1回入門編

・ 第2回 『カム・ブロー・

              ユア・ホーン』

・ 第3回 『はだしで散歩』

・ 第4回 『おかしな二人』

・ 第5回

    『スウィート・チャリティ』

 原作: 映画『カビリアの夜』

          初演(1966年)

映画『スウィート・チャリティ』

                   *

・ 第6回 映画 『紳士泥棒

          大ゴールデン作戦』

・ 第7回 『星条旗娘』

・ 第8回 『プラザ・スイート』

・ 第9回 『浮気の終着駅』

・ 第10回 『ジンジャー

               ブレッド・レディ』

  




  

     【イギリス演劇学科】

  

・  ワイルド流喜劇のレシピ

      オスカー・ワイルド

      『まじめが大切』論

      (講師: 石田伸也)

  

・ テレンス・ラティガンを観る

         『深く青い海』

        (講師: 広川治)

 

・    『ローゼンクランツと

ギルデンスターンは死んだ』

      (解説: 石田伸也)

  

・   ミュージカル

    『ビリー・エリオット』

   〜英語の歌詞に見る

       団結、自由、信念〜

        (講師: 広川治)

  


  

    

      + 観劇レポートより

  




  

 【映画学部・映像文化学科】

  

・  カズオ・イシグロ

   『日の名残り』の映画化

      (講師: 篠山芳雄)

  

・ キネマ旬報ベストテン分析

      (講師: 今村直樹)

  

  <2017年夏>

     世界の映画を観る、

        映画で世界を見る

  


  

    

  




  

 (詳細な目次については

  CONTENTSページ参照)

  

  PageTop▲

  

   演劇学部推薦公演

      (2020年3月)

  

          グロリア

    (赤坂レッドシアター)

作: ブランデン・

     ジェイコブ-ジェンキンス

翻訳: 小田島恒志・則子

演出: 古城十忍

  


  

     リーマン・トリロジー

         (NT Live)

原作:ステファノ・マッシーニ

翻訳: ベン・パワー

演出: サム・メンデス

主演: サイモン・ラッセル・

          ビール

       (3/6 一夜限定)

       (3/7〜13)

     

  


  

           ピサロ

      (PARCO劇場)

作: ピーター・シェーファー

翻訳: 伊丹十三

演出: ウィル・タケット

主演: 渡辺謙

        (3/13〜4/20)

  


  

       マクベスの悲劇

    (俳優座劇場5F稽古場)

作: ウィリアム・

         シェイクスピア

翻訳: 近藤弘幸

演出: 森 一

        (3/15〜31)

  


  

 PageTop▲

  

 映画学部推薦作品 (新作)

  

 (2018年洋画推薦作品)

   


  

 『スリー・ビルボード』

   2/1〜  公式サイト

 『タクシー運転手

    約束は海を越えて』

   4/21〜  公式サイト

 『フロリダ・プロジェクト

     真夏の魔法』

   5/12〜  公式サイト

 『ワンダー  君は太陽』

   6/15〜  解説ページ

 『ブリグズビー・ベア』

   6/23〜  公式サイト

  


  

 『判決、

     ふたつの希望』

   8/31〜  公式サイト

 『1987、

     ある闘いの真実』

   9/8〜  公式サイト

 『バッド・ジーニアス』

   9/22〜  公式サイト

 『search サーチ』

   10/26〜  公式サイト

 『ボヘミアン・ラプソディ』

   11/9〜  公式サイト

  



  

 (2019年洋画推薦作品)

 『バジュランギおじさんと、

   小さな迷子』

   1/18〜  公式サイト

 『女王陛下のお気に入り』

   2/15〜  公式サイト

 (2019年3月推薦作品)

 『グリーンブック』

   3/1〜  公式サイト

 『COLD WAR

      あの歌、2つの心』

   6/28〜  公式サイト

 『シークレット・

      スーパースター』

   8/9〜  公式サイト

  


  

 『ホテル・ムンバイ』

   9/27〜  公式サイト

 『ジョーカー』

   10/4〜  公式サイト

 『盲目のメロディ』

   11/15〜  公式サイト

 『アイリッシュマン』

   11/15〜  公式サイト

 『マリッジ・ストーリー』

   11/29〜  公式サイト

  



  

 (2020年1月推薦作品)

 『パラサイト/半地下の家族』

   1/10〜  公式サイト

 『ジョジョ・ラビット』

   1/17〜  公式サイト

  


  

 (2020年2月推薦作品)

 『ナイブズ・アウト

  名探偵と刃の館の秘密』

   1/31〜  公式サイト

 『1917 命をかけた伝令』

   2/14〜  公式サイト

  

 PageTop▲

  

   Music for Live Show

    (2019年10月)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM